サスペンスドラマ

慶應義塾大学の通信教育課程の卒業生が自身の体験をもとに、慶應通信で入学から卒業までに必要なことをすべて教えるポータルサイト。レポートや科目試験に合格する方法も指導します。慶應通信以外の通信教育過程の方も必見です。

慶應通信には、うまくいく方法=ノウハウが存在します。入学して間もない人は、このノウハウが存在すること自体知りません。何をやってよいか分からず、テキストを読んだりしますが、それではダメです。

 

もちろん、テキストを読むこと自体は良いのですが、読みながら何を考えるかが決まっていないと単位まで持っていけません。これを可能にするのがノウハウの力です。

 

具体的な方法はメルマガ内で説明していますので、こちらからお願いします。

 

卒業できるレポートのノウハウを学ぶ

単位を取る仕組みの構築記事一覧

無駄な失敗を減らす方法

慶應通信の勉強には難しい側面もありますが、大きなメリットも存在します。それは「失敗できる」ことです。慶應通信では、たとえ何十回失敗しても、何一つペナルティはありません。むしろ、失敗によってノウハウが身につきます。そのノウハウをもって、後からすべて挽回できるのが大きなメリットです。私の場合、保健衛生の...

≫続きを読む

多くの人が慶應通信の勉強に対応できないたった1つの理由

皆さんの中には、「自分は卒業とは程遠い」と思っている人がいると思います。確かに一度もレポートを提出したことのない人や在籍期間の上限に達しそうな人が、数年後「慶應卒になっている自分」をイメージすることは難しいでしょう。しかし、卒業できるかどうかにおいて現状の単位数は関係ありません。たとえあなたがテキス...

≫続きを読む

卒業までには3つのことを勉強すれば良い

マラソンでは1位の人もビリの人も同じコースを走るのと同じで、慶應通信を卒業するには最短卒業でも12年卒業でも同じ勉強をします。卒業までにするべき勉強は3つしかありません。これらの勉強は学ぶべき明確な時期がありますので、詳しく説明していきたいと思います。3つの勉強とは何かと言うと、第一にレポートです。...

≫続きを読む

セット履修の考え方

何の科目から勉強していけば分からないとき、適当に始める人がいます。悩んで何もやらない人がほとんどなので、そういう人に比べれば百万歩は前にいると言えますが、適当に科目を選ぶことはわざわざ向かい風を選んで走るのと同じであり、効率性は最悪です。追い風のなか走るのと向かい風のなか走るのでは、どちらが良いタイ...

≫続きを読む

レポート科目選択の3つのポイント

通学過程では、年度の始まりに履修科目を決めますが、通信は科目も時期も自分の裁量で始めることができます。この制度は、「いつでも勉強できる」という良い側面ばかり見えますが、「いつまでも勉強しない」ことの原因になっています。また、科目の制限もないため、何のレポートから取り組めばよいか分からないという事態も...

≫続きを読む

レポートで学問しないで、どこでする

慶應通信生がまず初めに認識することは、慶應通信がどういうところか知ることです。多くの人は、慶應通信のことをほとんど知らずに、いきなりレポートを書こうとします。だから受かりません。慶應通信の勉強を一言で表現すると、学問です。学問とはなにかを知らないかぎり、前に進めないようになっています。学問とは何かと...

≫続きを読む

慶應通信の勉強の順番

当サイトは、慶應通信生のためのレポート情報を網羅しています。この先勉強するうえで必要になる「マインドセット」・「勉強の進め方」・「レポートの書き方」など有益な情報が、当サイトだけですべてそろいます。ただ、情報量が多すぎるのも事実なので、閲覧の順序を教えます。閲覧の順序と効率的な勉強の順序は密接に繋が...

≫続きを読む

成果が出る法則

成果が出るためのプロセスは決まっています。それは、「思考→行動→結果」です。正しい思考に基づいて、正しい行動が生起し、良い結果が生まれます。あらゆる成果はこの法則によって生まれます。ほとんどの人は、結果は行動によって決まると考えます。確かに間違いではないのですが、それが正しい行動でなければ、良い成果...

≫続きを読む

勉強の最初の一歩を起こす方法

やらなければならない課題を前にして、まったく気乗りしないのは、あなたのせいではありません。なかなかやる気が出ないのは万人が持つ共通項です。そのため決して、あなた1人が悪いのではありません。こういったやる気に関する理論を動機づけ理論と呼びます。動機づけ理論を紐解くことで、行動を起こす原理原則を理解でき...

≫続きを読む

やる気をコントロールする方法

よく効率的な勉強法や受かりやすい科目を聞いてくる人がいます。そのような人に対して思うのは、慶應通信を卒業する上でこれらはまったく意味がないという事です。仮に効率的な方法によって受かりやすい科目をバンバン取ったとしても、次に待つのは受かりにくい科目だけです。そこでは当然、同じ方法は通用しません。このよ...

≫続きを読む

動機づけ理論

行動は最初の一歩が一番重要です。そして一番困難です。困難というのは決して難しいという意味ではありません。やる気が出ないため困難だという事です。行動の最初の一歩は、心理的抵抗が最大の状態であり、なんとかしてこれを取り除かなければいけないのです。その方法として、報酬の力に頼るという考え方があります。これ...

≫続きを読む

レミニセンス現象

慶應通信を卒業するために一番重要なことは、毎日行動することです。つまり、努力の継続です。このとき必要な考え方は、根性論ではありません。確かにやる気の源泉は、その人の持つエネルギーの量で決まります。しかし、エネルギーがあるからと言って、誰でも彼でも努力できるかと言うとそうではありません。エネルギーを活...

≫続きを読む

正しい努力とは何か

慶應通信では、正しい努力をしているかが重要です。そこで、皆さんに正しい努力の判断基準を教えます。これを読むことで、どういう勉強が正しい努力と言えるかを自分で判断できるようになります。意外かもしれませんが、身にならない勉強の代表格に「座学」があります。スクーリングなどの座学は、自分の関心とは別に、学ぶ...

≫続きを読む


HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録