サスペンスドラマ

長期の学習にはきちんとしたマインドセットが必要。レポート、科目試験に対する姿勢とは。

勉強には大きく分けて、2つの過程があります。

 

1つは知識を取り入れるインプットという過程で、もう1つは知識を書きだすアウトプットという過程です。このうちどちらか一つ欠けていると、充分な成果を出すことができません、これは心理学から明らかになっています。今回は、この理論を慶應通信にあてはめて考えていきたいと思います。

 

新規のレポートを書く際、知識0の状態から始めることになるので、とにかく文献を理解する時間が重要です。

 

そして普通はこの段階で行き詰ってしまいます。文献内容が理解できないからです。慶應通信の文献は、1つ1つの用語が難しいため、なかなか内容が理解できません。

 

文章の意味を把握するには、一文一文の意味を理解しなければなりません。そしてすべての文は、読み手のバックグラウンドによって意味合いが変わってきます。

 

そのため、とにかく何度も読み返し、自分の解釈を作ることが求められます。かなり真剣に取り組まない限り、こういったインプットすらできないのです。

 

一方アウトプットは、レポートを実際に書くことが該当します。当然インプットが完璧でないとできません。インプットが不十分のまま書き始めると、必ずどこかで詰まってしまうからです。

 

このようなわけで、アウトプット1に対して、インプットは3必要になります。一本のレポートを書くために、3冊の文献をそれぞれ3回ずつ読むようにして下さい。

 

実際のところ、こうしたインプットは、時間さえかければ誰でもできます。ただ、それができる人はほとんどいません。ここにレポートが難しい一因があります。

 

よくある失敗例は、文献を読みながらレポートを書くというものです。そういう人にレポートの内容を聞いてみると、自分でも何を書いているか分からないと言います。

 

しかしこれでは、提出する前から不合格が目に見えています。読みながら書くというのは、あなたは絶対にやらないようにしてください。まずはペンを置いて徹底的にインプットをする、これが基本です。

 

ただ、レポート上級者になるとこの限りではありません。

 

・アウトプットを想定してインプットする

 

何をどのように書くかが決まっていれば、効率的にインプットができます。インプットを限定するなど、アウトプットを意識した読み方が可能になります。

 

この方法は速読術に通じており、上手に使えば多大にレポートに活かすことができます。インプットにかける時間と労力を減らし、その分をアウトプットに充てられるからです。

 

このような勉強が可能になると、インプットとアウトプットに一週間ずつかけ、二週間で一本のレポートを終わらせることができます。?このペースを死守することで、3ヶ月で6科目のレポートを提出することが可能になります。

 

実際にこれを行い、圧倒的な成果を出した生徒様がいます。指導実績はこちら

どんな勉強にも共通して、2つの過程があります。

 

・インプットとアウトプット

 

インプットとは、テキストや文献を読んで知識を蓄える作業です。レポートは基本的に知識0から始めることが多いので、インプットは重要です。

 

一方アウトプットは、インプットした知識をレポート上に表現する作業です。レポートの形式に沿って、必要なことを必要な分だけ記述していきます。

 

このうち、あなたはどちらに重心を置くべきかというと、圧倒的にインプットです。

 

・インプットがダメだとすべてが終わる

 

インプットは、スポーツで言うところの「軸足」にあたります。きちんと文献を読まないでレポートを書くというのは、軸足を浮かしたまま競技する事と同じです。そのため、絶対に良いパフォーマンスは生まれません。

 

優れたレポートは、優れたインプットから生まれます。

 

正直な話、文献選択の時点で、勝負は7割決まっているため、せっかく揃えたものをきちんと読まないというのは、とんでもないことなのです。

 

・アウトプットは人から学ぶのが一番

 

一方、アウトプットには決まった型が存在します。レポートが合格する上で、正しくアウトプットする方法を知ることは、とても重要な事です。

 

ただこれは、独学で学ぼうとしないでください。簡単には理解できない上、理解できたとしても膨大な時間がかかるからです。

 

実際に私の場合、正しいアウトプットの方法を掴むまでに3年間という時間を要しました。

 

ただ、一度理解した後は、わずか3年間でほぼすべての単位を揃えたことを踏まえると、知識ゼロの状態から独学でアウトプットを学ぶというのは、どう考えても時間のロスです。

 

実際に、私の行っている個別指導は、アウトプットの指導が中心です。

 

多くの人は、この方法をレポートの書き方の本から学ぼうとします。しかし、これらの本は全く役に立たないので、すべて捨ててください。

 

こういった本にはあなたが本当に知りたいことは決して載っていません。

 

目の前のレポート課題に対して、どういう文章を書いたら受かるのか、本来であればこういった「受かる文章の書き方」が知りたいはずです。

 

ところが、レポートの本には一般論しか載っていないため、それをどのように個別のケースにあてはめるかが見えてこないのです。

 

このようなわけで、アウトプットの方法はは自分で勉強しようと考えず、私から学ぶようにしてください。

 

どんなに多くの知識があってもレポートとして巧みでなければ、その知識は意味がありません。しかし、最初にレポートの書き方を抑えておけば、あとはインプットするだけで確実に受かります。

 

最後にインプットの方法を教えます。

 

・アウトプットを想定してインプットする

 

何をどのように書くかが決まっていれば、参考文献の焦点を絞ることができます。焦点を絞れるため、インプットにも無駄がありません。その結果として、多くの時間と労力を節約し、それらを次の科目に回すことができます。
私の場合、必要な箇所のみインプット3往復をした後、一週間かけてアウトプットを行いました。このペースで進めることで、3ヶ月で6科目分のレポートが提出でき、科目試験の度に12単位取得できます。

 

現状レポートがうまくいっていない方は、次回の提出期限に向けて、この勉強サイクルを取り入れてください。

関連ページ

最短卒業は可能か?
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
普通課程の最短卒業プラン
慶應通信のとl特別課程の人が3年卒業する方法を紹介します。
特別課程の最短卒業プラン
慶應通信のとl特別課程の人が3年卒業する方法を紹介します。
4年卒業のマインドセット
慶應通信の最短卒業を目指すページです。
卒業マップ
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
卒業所要単位について
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
卒論に対する正しい考え方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
データの取り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
卒論で知っておくべきこと
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
最短で卒論を完成させるために
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポート提出が唯一の科目試験受験資格
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートに集中すべき理由
正しいマインドセットを持つことから始まります。
レポートの重要性
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶應通信で失敗する人の思考
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
良い仲間を作る意義
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
入学したばかりの人が陥る失敗
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートの再提出がめんどくさいと思う人へ
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
科目試験は毎回受けることが大切
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
授業は勉強ではない
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
知識ゼロから卒業するためのたった1つの方法
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
無駄な失敗を減らす方法
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
卒業までには3つのことを勉強すれば良い
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
レポート科目選択の3つのポイント
慶應通信の履修科目の選択は、レポート課題・履修要綱・過去問を見て、総合的に決めていくといきます。
レポートで学問しないで、どこでする
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
多くの人が慶應通信の勉強に対応できないたった1つの理由
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
慶應通信の勉強の順番
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
セット履修の考え方
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
現代に残されたアメリカン・ドリーム
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
記憶のメカニズム
記憶とは何かについて説明します。
長期記憶の条件
暗記とは情報を長期記憶に入れることです。その条件ととエビングハウスの忘却実験について説明します。
覚えられる勉強法
効率的な勉強法について説明します。
興味があれば、誰でも優秀
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
やる気をコントロールする方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
勉強の最初の一歩を起こす方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
動機づけ理論
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
効率的な勉強の本当の意味
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
最初の一歩ですべてが決まる
正しいマインドセットを持つことから始まります。
絶対に成功する方法
正しいマインドセットを持つことから始まります。
成果が出る法則
正しいマインドセットを持つことから始まります。
レミニセンス現象
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
正しい努力とは何か
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
レポートの形式と内容はどちらから学ぶか
正しいマインドセットを持つことから始まります。
再提出のマインドセット
正しいマインドセットを持つことから始まります。
スクーリングで10倍理解を深める方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
なぜレポートに集中するか
正しいマインドセットを持つことから始まります。
慶應通信でしか身に付かない能力とは
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
この環境には雑音がいっぱい
正しいマインドセットを持つことから始まります。
アイデンティティとモチベーションの関係
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録