サスペンスドラマ

慶應通信は好きな時に好きな科目を学べる。履修選択の考え方とは。

通学過程では、年度の始まりに履修科目を決めますが、通信は科目も時期も自分の裁量で始めることができます。

 

この制度は、「いつでも勉強できる」という良い側面ばかり見えますが、「いつまでも勉強しない」ことの原因になっています。また、科目の制限もないため、何のレポートから取り組めばよいか分からないという事態も起きます。

 

そこで、レポート課題を選ぶ際の3つのポイントを紹介します。

 

単位数

 

科目ごとに単位が決まっており、2単位科目を中心として、1〜4単位の科目が混在しています。
履修単位は、単純に足し算をして積み重ねていくため、4単位科目を1科目履修することと、1単位科目を4科目履修することは同じ単位数として認められます。

 

科目ごとの単位数は、何をもとに単位が決められているかと言いますと、レポートに求められる文字数によって決められています。
一般に、1単位科目は2000文字程度、2単位科目は4000字程度が必要になります。この「字数」ですが、レポート初心者ほどこれに縛られ、卒業間近の人ほどまったく気にしないという事実があります。

 

実際のところ、文字数とレポート課題そのものの難易度は関係ありません。私の場合、3000字〜6000字の間で仕上げていましたが、毎回合格していました。公表欄を見ても、字数に固執している教授を見たことがありません。

 

単位数と字数はほとんど関係ありません。
それであれば、1単位科目を4つ勉強するより、4単位科目を1つ勉強したほうが圧倒的に楽です。もちろん課題にもよりますが、迷ったときはより大きな単位を狙っていくとことがセオリーです。

 

 

科目間のシナジー

 

慶應通信の科目には、科目の名称が似通っている科目があります。それらは基本的に、おおもとが同じ学問であり、専門家により派生した領域であると言えます。
レポート課題を選ぶときのコツは、この類似科目をまとめて手掛けることです。それらはかなりの部分で同じ理論を共有し、他の科目の知識をもう一方の科目に活かすことができるためです。
例を挙げると、総合教育科目「論理学」と専門科目「論理学(L)」です。これらを同時に勉強すると、どちらを勉強しているか区別がつかなくなるくらい似ています。

 

他にもシリーズものをコンプリートするというコツもあります。
これは、「教育学」「教育心理学」「教育学概論」の教育学シリーズ、「文学」「フランス文学概説」「フランス文学概説U」のフランス文学シリーズが挙げられます。
これらは単発で学ぶより、順序立てて学ぶ系統学習が適しています。系統学習によって、予備知識が増えていきますので、科目試験の際にも活かすことができます。

 

 

科目試験

 

意外かもしれませんが、レポート課題より、科目試験の問題を見る方が、レポート選択において大切です。

 

その理由は、単位を取る=科目試験に受かるというルールがあるためです。
科目試験に受からなければ、レポートに受かっても意味がありません。そのため、最初に受かりそうな科目試験科目をチェックし、その後レポートに入っていく必要があります。

 

その極端な例を挙げると、科目試験に「持ち込み可」の科目が挙げられます。
このような科目は、レポート課題に関係なく選ぶべき科目も存在します。持ち込み可の科目は、写す場所さえ分かれば誰でも受かってしまう、なんのために科目試験があるのか分からないほどお得な科目です。

 

こちらのページにまとめてありますので、最優先して履修してください。

関連ページ

最短卒業は可能か?
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
普通課程の最短卒業プラン
慶應通信のとl特別課程の人が3年卒業する方法を紹介します。
特別課程の最短卒業プラン
慶應通信のとl特別課程の人が3年卒業する方法を紹介します。
4年卒業のマインドセット
慶應通信の最短卒業を目指すページです。
卒業マップ
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
卒業所要単位について
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
卒論に対する正しい考え方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
データの取り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
卒論で知っておくべきこと
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
最短で卒論を完成させるために
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポート提出が唯一の科目試験受験資格
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートに集中すべき理由
正しいマインドセットを持つことから始まります。
レポートの重要性
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶應通信で失敗する人の思考
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
良い仲間を作る意義
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
入学したばかりの人が陥る失敗
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートの再提出がめんどくさいと思う人へ
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶應通信としてのアイデンティティの保ち方
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
再提出の際のマインドセット
正しいマインドセットを持つことから始まります。
科目試験は毎回受けることが大切
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
授業は勉強ではない
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
知識ゼロから成功するためのたった1つの方法
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
無駄な失敗を減らす方法
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
卒業までには3つのことを勉強すれば良い
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
レポートで学問しないで、どこでする
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
多くの人が慶應通信の勉強に対応できないたった1つの理由
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
慶應通信の勉強の順番
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
セット履修の考え方
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
現代に残されたアメリカン・ドリーム
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
記憶のメカニズム
記憶とは何かについて説明します。
長期記憶の条件
暗記とは情報を長期記憶に入れることです。その条件ととエビングハウスの忘却実験について説明します。
覚えられる勉強法
効率的な勉強法について説明します。
スクーリングの受け方
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
興味があれば、誰でも優秀
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
やる気をコントロールする方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
勉強の最初の一歩を起こす方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
動機づけ理論
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
効率的な勉強の本当の意味
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
インプットとアウトプットのバランスの取り方
正しいマインドセットを持つことから始まります。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録