サスペンスドラマ

レポートの再提出がめんどくさい人へ

レポートには再提出がつきものです。しかし、多くの人はこの「再提出」をストレスに感じ、心底嫌がっているように見えます。私が知っている人の中には、レポートが落ちたというだけで、一日中引きこもってしまった人もいるくらいです。

 

しかしながら、一生懸命書いたレポートが落とされるのは誰もが通る道であり、それは決してあなたが劣っているわけではなく、また恥ずかしいことでもないということをまず認識して下さい。

 

それを知っている人は再提出がまったく苦ではなく、むしろ「また学べる機会を得た」くらいの気持ちで颯爽と受け止めることができます。このような人と落ちたショックで一日中引きこもっている人とを比べたら、どちらが慶應通信で成功すると思いますか。また、あなたはどちらの人になりたいと思いますか。

 

そこで「レポートの再提出」に対する心理的抵抗を取り除く方法について説明していきます。

 

レポートで間違いなく一番労力がいるのは、インプット、つまり文献を読む時間です。最初に文献にあたるときはいつでも、無知の脳に大量の情報が流れ込んできます。実際のところ、これは多くのストレスがかかる勉強です。

 

しかしこれを苦として、インプットをないがしろにすると、結果として遠回りになります。早く終わらせたいという一心で、文献の内容もよくわからずアウトプット(書き出し)したレポートは、教授にそれがバレるため間違いなく落とされます。そして再提出の際、またインプットを一から始めることとなります。しかし一度目からめんどくさがっていた人は、この状況ではとてもじゃないけどやる気なんて出ません。

 

レポートが不合格になった原因、そして再提出のモチベーションが上がらない理由は何でしょうか。

 

すべては最初のインプットが中途半端だったからです。実際のところ、インプットをしっかり行わないことによる弊害は大きいです。

 

・内容が十分理解できない

 

・文献とほぼ同じ文章しか作ることができない(文献の劣化版コピー)

 

・楽しさが理解できない

 

などが挙げられます。この3つは互い関連していて、一言で言うと、インプットが不十分だとレポートが劣化版コピーになる以外の道がないということです。

 

このことは非常に残念なことだと思います。なぜなら、分かる楽しさを知ることなく、再提出の負担だけを感じるようになってしまうからです。

 

しかし、それにも関わらずインプットをないがしろにする人が後を絶ちません。彼らはなぜこのようなことをするのか、その理由は決まっています。

 

それは早く済ませたいことに加え、人間には分からないと気持ち悪いという心理があるからです。人間は不可解なものを敬遠するという本能があります。無関心になります。その反面、理解できれば途端に親近感を感じ、関心が出てきます。つまり、分かれば楽しいのです。だから楽しさが分かるまで読むこと、これが肝要なのです。

 

しかもインプットがきちんとできている場合、仮に不合格になってしまっても訂正は非常に簡単です。既にある知識に幾分かの知識を積み上げれば良いので、最初に書いたときと比べると、半分以下の労力で終えることができるという事を知ってください。

関連ページ

最短卒業は可能か?
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
普通課程の最短卒業プラン
慶應通信のとl特別課程の人が3年卒業する方法を紹介します。
特別課程の最短卒業プラン
慶應通信のとl特別課程の人が3年卒業する方法を紹介します。
4年卒業のマインドセット
慶應通信の最短卒業を目指すページです。
卒業マップ
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
卒業所要単位について
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
卒論に対する正しい考え方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
データの取り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
卒論で知っておくべきこと
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
最短で卒論を完成させるために
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポート提出が唯一の科目試験受験資格
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートに集中すべき理由
正しいマインドセットを持つことから始まります。
レポートの重要性
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶應通信で失敗する人の思考
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
良い仲間を作る意義
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
入学したばかりの人が陥る失敗
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶應通信としてのアイデンティティの保ち方
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
再提出の際のマインドセット
正しいマインドセットを持つことから始まります。
科目試験は毎回受けることが大切
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
授業は勉強ではない
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
知識ゼロから成功するためのたった1つの方法
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
無駄な失敗を減らす方法
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
卒業までには3つのことを勉強すれば良い
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
レポート科目選択の3つのポイント
慶應通信の履修科目の選択は、レポート課題・履修要綱・過去問を見て、総合的に決めていくといきます。
レポートで学問しないで、どこでする
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
多くの人が慶應通信の勉強に対応できないたった1つの理由
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
慶應通信の勉強の順番
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
セット履修の考え方
慶應通信の単位を取る方法をまとめました。
現代に残されたアメリカン・ドリーム
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
記憶のメカニズム
記憶とは何かについて説明します。
長期記憶の条件
暗記とは情報を長期記憶に入れることです。その条件ととエビングハウスの忘却実験について説明します。
覚えられる勉強法
効率的な勉強法について説明します。
スクーリングの受け方
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
興味があれば、誰でも優秀
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
やる気をコントロールする方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
勉強の最初の一歩を起こす方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
動機づけ理論
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
効率的な勉強の本当の意味
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
インプットとアウトプットのバランスの取り方
正しいマインドセットを持つことから始まります。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録