サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

レポートの評価には合格と不合格しかありませんが、同じ合格でも余裕で合格のものと、ギリギリ合格の2種類があります。私が在籍していた頃は、レポートにもA・B・C・Dと4段階の評価があり、A〜Cが合格、Dが不合格でした。

 

C判定でも合格は合格です。自信をもって科目試験に進むことができます。

 

一方、D判定は再提出です。すべてを一からやり直さないといけません。

 

このように両者の間には、天と地ほどの差がありますが、実を言うと質的な差はほとんどありません。そこで今回は、不合格を合格に変えるための重要なポイントを教えます。

レポートが対話になっているかを見直す

レポートは、「正しいことを書いていれば受かる」というものではありません。それより「受かる文章」を書いているかどうかの方が100倍重要です。

 

そして、受かる文章には必ず、「対話形式」が見られます。この視点から、不合格レポートの特徴を教えます。

 

○自分の意見がなく、文献を丸写ししたレポート

 

○自分の意見だけで、文献の引用がないレポート

 

これらの特徴は一見真逆の事を言っている内容に見えますが、コミュニケーションが一方通行である点では共通しています。

 

つまり対話ではありません。対話でないので、どんなに正しいことを書いても、レポートとしては認められないということを理解して下さい。

テキスト批評

こういったアウトプット上の問題は、実はインプットに原因があります。先の問題を見てみましょう。

 

○自分の意見がなく、文献を丸写ししたレポート(=文献に依存している)

 

○自分の意見だけで、文献の引用がないレポート(=文献を無視している)

 

このように問題の真核には、常に文献の読み方が存在しています。これらを同時に解決する読み方とは、文献に対して批評の目を持つことだと言えます。

 

多くの人はインプットの際、「テキストは絶対に正しい」という固定観念を持っています。そのため、「なぜそんなことが言えるのか」という思考は、完全に停止しています。

 

こういった思考を「批評」といい、テキストに対する批評を「テキスト批評」と呼びます。

 

勘違いしている人も多いですが、批評は批判とは違います。批判は常に反対意見を提示するのに対して、批評は「本当に正しいか」という疑いの念から始め、最終的に賛成であっても構いません。

 

例えば、テキストに対して反駁を述べ、自分でさらにそれを反駁することで、テキストの内容を強く支持します。こういった展開パターンを知っているかどうかで、勉強を始めたかなり最初の段階で、ゴールまで見通すことができるかが決まります。

 

こういった合格に直結する実践的な内容は、セミナーメール会員様限定で配信しております。受講をご希望の方は、こちらのページの最下段よりご登録を進めてください。

セミナーメールをご受講いただき、ありがとうございます。

 

当メールは、私が主催する慶應通信セミナーのメール版になります。

 

そのため、余計な部分を省いた重要な内容だけを学ぶことができます。

 

=================
今月のセミナーメール目録
=================

 

第1回:主観を客観的に述べる方法
第2回:
第3回:
第4回:

 

今月は、レポートの文章が本来的に持つ性質について広く説明します。

 

これまで説明した通り、レポートは公的で、客観的な文章でなければなりません。

 

しかし、多くの人はこれを守れていません。その理由は簡単で、すべてのさじ加減を理解していないからです。

 

そこで今回は、最低限の公共性と客観性について理解を深めてもらいます。

 

・最低限の公共性

 

公共性ある文章とは、「大勢の人に向けた文章」という意味です。そのため、レポートの中では個人的なことを書いてはいけません。

 

比較的自由な論述型レポートのみならず、答えが決まっている説明型レポートにおいても、具体例として個人の感想を挿入してしまっている場合があります。

 

そういう人は、「政治学」のレポートで安倍内閣を批判したり、「社会学」のレポートで選挙に関する不満をぶつけたりしますが、これらは感情であり考察ではありません。あくまであなた個人の思った事に過ぎないため、レポートには不要です。

 

同様に、レポートの最後に、科目に対する所感を載せる人もいます。本人としては科目の意義を述べたつもりなのですが、これもあなたの感想に過ぎないため、レポートには不要です。

 

その一方で、必ずしも安倍内閣や選挙制度の批判を行ってはいけないのではありません。また、必ずしもある科目の学問上の意義を述べてはいけないのではありません。

 

感想を考察に変えるためには、そこに客観性が備わっていなければなりません。ここに客観性という問題が立ち上がります。

 

 

・最低限の客観性

 

 

 

関連ページ

説明型レポート大公開
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
論述型レポート大公開
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポートを書く時の気持ち
レポートを理解するには、議論の仕方を勉強するのが一番です。このページでは、レポートと議論の類似点を説明します。
レポートにおける引用の意義
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
自分なりの「受かる型」を掴む
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート初学者が陥りがちな罠
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
論理的でなければ主婦のおしゃべりと同じ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートと作文の違い
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
慶應通信のレポートの常識はずれな真実
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの中の仮想の話相手とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
学問としてのレポート
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
章と節の基礎知識
レポートの章や節の立て方を説明します。
節の機能
レポートの節立ての仕方を説明します。
節立ての方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
序論・本論・結論の役割
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
他の文章とレポートの違い
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの「どこで」「何を」書くか
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート課題を正しく理解する方法
慶應通信のレポートを作る上で、役立つ知識を紹介します。
課題からテーマ設定する方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキスト理解がレポートに及ぼす影響力
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキスト理解のマインドセット
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
参考文献の条件
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキスト履修要綱の指定参考文献
レポートの参考文献の選び方、使い方について説明します。
意味不明な参考文献にあたったときの対処法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
文字数を増やす方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
下書きの際の注意点
レポートの下書きの方法について説明します。
レポート用紙の使い方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
論述とは何か
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
なぜ文献からのコピペではダメなのか
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約力上達のコツ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分かりづらい文章の3つの特徴
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキスト理解を示す「説明」とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
考察についての大まかなイメージ
考察とはどのような文章化を説明します。
受かるレポートの文章のまとめ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
正しい文章と「受かる文章」は違う
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートを学ぶ際の勉強の順序
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート完成までの基本3ステップ
慶應通信のレポートの作り方を一通り概観します。
レポートのストーリーの作成手順
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
アウトラインを必ず作る理由
合格するレポートに必須なアウトライン作成について説明します。
アウトラインの作り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポート課題の語尾が持つ意味
慶應通信のレポートは課題によって、説明型レポートと論述型レポートに分けられます。
「テキスト理解」とは何か
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートを上達させるテキスト批評という勉強法
テキスト批評という勉強法を紹介します。
テキスト批評をレポートへ活かす方法
テキスト批評のやり方を知っているとレポートにそのまま活かすことができます。
要約がはかどる一行要約とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
一行要約の実例
慶應通信のレポート課題には、「〜を要約しなさい」という指示があります。正しい要約の仕方を説明します。
テキストの劣化版コピーから脱する方法
比較的易しいレポートの書き方です。
レポートにおける文学鑑賞
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
文献の「どこ」を引用するか
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートの発見
慶應通信のレポートには比較的簡単に書ける説明型レポートがあります。それらは総合教育科目に多く属しています。
説明型レポートのアウトラインの作り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートの形式
比較的易しいレポートの書き方です。
説明型レポートでは問いを立てる必要がない
慶應通信の説明型レポートを書く上で欠かせない、テーマ、問いの考え方について説明します。
説明型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
問いの設置
比較的易しいレポートの書き方です。
論述型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
論述型レポートの形式ごとの役割
比較的易しいレポートの書き方です。
考察と感想の違い
比較的易しいレポートの書き方です。
分析的なテーマ設定
比較的易しいレポートの書き方です。
簡単にレポートの質を上げる方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
考察の下準備
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
ネットの情報と文献を組み合わせる方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
受かるレポートの対話条件
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
受かるレポートの形式
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
受かるレポートの文章
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
慶應通信で成功する型は全部同じ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートから始める理由
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの本は捨ててください
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート課題を自由自在に変える方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録