サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

レポートのフォーマットは、厳密に定められているわけではありません。最低限の決まりさえ守れば、ある程度自由に書くことができます。

 

最低限の決まりとしては、序論‐本論‐結論に区切り、それぞれの役割を理解することが挙げられます。

 

役割というのは、序論ではテーマと問い、本論では議論、結論では問いの解答を書くことであり、これを反映したレポートは、一気に作文の域を抜けます。また、自然と字数も定まるため、余計なことは考えず、内容だけに集中することができます。

 

このように各箇所で書くべきことを決めることは、レポートが不合格だった際の原因分析にも役立ちます。

 

よくある失敗例として、講評欄の指示の意図が理解できず、本論のどこを修正したら良いか分からないということがあります。もし見当違いな修正をしてしまうと、何度も再提出を繰り返す羽目になります。

 

ただ、最初から一節と二節で述べることをきちんと区別しておけば、講評欄を見て、どこを修正すれば良いかが一瞬で判断できます。また、それと連動して変更すべき場所も自分で理解できます。

 

例えば、「大気の歴史について論じる」というテーマでレポートを書くとします。こういった概説を行うレポートでは、漏れなく記述することが重要なので、必ず時系列で出来事を述べていきます。

 

時系列と言っても、どこまで述べるかは作成者次第なので、記述すべき内容に関する明確な判断基準を持たなければなりません。それによって節立てできれば、各節は役割を持ち始めます。

 

ここまで練ったレポートであれば、仮に落ちてしまっても、抜け落ちていた内容を適切に追加することができます。さらに、それがレポート全体において、どのような意味を持つかまで述べれば、再提出で確実に受かります。

 

もっとも、このような思考ができれば、一発合格できるレポートも増えていきます。

 

まずは、レポートのゴールを明確にし、レポート全体がそこに収束しているかをチェックしてください。その後で、きちんと参考文献を反映しているか、序論と結論を作っているか、字数は的確など、形式的な事にも注意します。

 

このように受かる上で必要なパーツを1つ1つ抑えることで、レポートの合格ラインを肌感覚で理解することができます。

関連ページ

説明型レポート大公開
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
論述型レポート大公開
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポートを書くときの重要な気持ち
レポートを理解するには、議論の仕方を勉強するのが一番です。このページでは、レポートと議論の類似点を説明します。
レポートがレポートであるための最低条件
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
節や章についての考え方
レポートの章や節の立て方を説明します。
読解力の重要性
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート課題を正しく理解する方法
慶應通信のレポートを作る上で、役立つ知識を紹介します。
課題からテーマ設定する方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
良い参考文献を選ぶ方法
レポートの参考文献の選び方、使い方について説明します。
説明を論述に変えるために必要なもの
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
節の作り方
レポートの節立ての仕方を説明します。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
説明型レポートの発見
慶應通信のレポートには比較的簡単に書ける説明型レポートがあります。それらは総合教育科目に多く属しています。
説明型レポートのアウトラインの作り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートの形式
比較的易しいレポートの書き方です。
アウトラインの重要性
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポートの進め方
慶應通信のレポートの作り方を一通り概観します。
勉強の順番
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキスト批評という勉強法
テキスト批評という勉強法を紹介します。
要約の練習
慶應通信のレポート課題には、「〜を要約しなさい」という指示があります。正しい要約の仕方を説明します。
テキスト批評をレポートへ活かす方法
テキスト批評のやり方を知っているとレポートにそのまま活かすことができます。
説明型レポートでは問いを立てる必要がない
慶應通信の説明型レポートを書く上で欠かせない、テーマ、問いの考え方について説明します。
レポート課題からレポートを見抜く
慶應通信のレポートは課題によって、説明型レポートと論述型レポートに分けられます。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
下書きの書き方
レポートの下書きの方法について説明します。
レポートではなぜ引用をするか
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
再読する重要性
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分かりづらい文章の共通点
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
問いの設置
比較的易しいレポートの書き方です。
論述型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
論述型レポートの形式ごとの役割
比較的易しいレポートの書き方です。
考察を加える方法
考察とはどのような文章化を説明します。
考察と感想の違い
比較的易しいレポートの書き方です。
分析的なテーマ設定
比較的易しいレポートの書き方です。
「説明」の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキストの劣化版コピーから脱する方法
比較的易しいレポートの書き方です。
レポートのストーリー
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートにおける文学鑑賞
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
参考文献についての考え方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
簡単にレポートの質を上げる方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
引用とコピペの違い
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
最初に取りかかるべきレポートとは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
効果的な引用を行う方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキスト理解を示す方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
なぜ節立てしないと受からないか
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの本は捨てて下さい
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
正しい文章と「受かる文章」は違う
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
文献が理解できないときの対処法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
考察の下準備
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
論理的でなければ主婦のおしゃべりと同じ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
ネットの情報と文献を組み合わせる方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
合格レポートを倍増させる思考法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
受かるレポートの文献活用
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
受かるレポートの対話条件
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
受かるレポートの形式
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
受かるレポートの文章
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
慶應通信で成功する型は全部同じ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明と論述の違い
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
学問としてのレポートの書き方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録