サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

レポートに客観性を付与するためには、参考文献を直接引用してしまうのが最も手っ取り早い方法です。

 

この参考文献ですが、いまいち使い方を理解していない人が多いので、効果的な使い方について解説していきます。

 

よく「参考文献を何にしたら良いか」という質問がありますが、これはレポートにおける参考文献の目的を理解すれば、おのずと決まってきます。

 

・参考文献の条件

 

本であれば、何でも参考文献になるかと言うと、そうではありません。基本的に、学術書以外はNGです。

 

学者が書いた本のみ対象なので、書店に並ぶビジネス書や市立図書館にある薄い本ではいけません。

 

インターネット閲覧は、それ自体微妙なところですが、論文のPDFなど、きちんと出典が明記されている場合は、原文にあたらなくても参考文献として認められます。

 

ただ、最も確実な方法は、慶應図書館内で検索することです。

 

当たり前ですが、慶應図書館内にある本は、すべて参考文献の条件を備えているので、手あたり次第読んで最終的に分かりやすいものを選べば良いのです。

 

このとき、一番最初に検索する本は決まっています。『テキスト履修要綱』の「参考文献」の欄に掲載されている文献です。それを読まないと、レポート課題の要件が読み取れない場合もありますし、文献表に記載がないというのも印象が悪いです。

 

このようなわけで、履修要綱の文献は「1節の1部」でも参考にして、文献表に記載することが大切です。

 

次に、参考文献の「参考」の意味について説明していきます。

 

・参考と引用の違い

 

参考文献とは、そのレポートを書くために読んだ文献すべてを指します。

 

例えば、実際に引用していなくても、50頁から100頁までがレポートと関連していて実際に読んだなら、そのページ数を文献表に記載します。極端な話、一度でも読んだら、参考文献なのです。

 

一方、引用文献とは、レポート中に引用を行った文献のことです。ただ、引用文献も広い意味では参考文献に含まれるため、大学生レベルのレポートではまとめて文献表に記載しても認められます。

 

このようなわけで、レポートを書くために読んだのページと実際に引用したページは、どちらも文献表へ記載すると覚えておいてください。

 

最後に、学術書以外ではなぜ、参考文献として認められないかについて説明します。

 

最初に言った通り、参考文献はレポートの客観性を高めるという役割を持ちます。

 

・科学的根拠を集める

 

レポートは、自分の考えを自由に述べる場ではありません。科学的根拠を持った者通しの「議論の場」です。そのため、レポート内で何か主張をするなら、その主張を形成する「材料」がなければいけません。

 

この材料の「仕入れ」を行うのが、参考文献です。出典を明記するのはそのためで、学者以外の一般の人が書いた文献を拠り所にしてレポートを書いてはいけないというわけです。

 

このように参考文献は、単なる形式上のものではないので、気をつけて選択するようにしてください。

 

私の場合、まずはテキストと履修要綱の文献にあたり、次に補足として、キーワード検索を行いました。このとき、すべてを通読する必要はありません。通読するより、必要な箇所を何度も読む方が大切です。

 

このようなわけで、参考文献の最適量は「5冊くらい(ただし通読する必要はない)」におちつきます。

関連ページ

説明型レポート大公開
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
論述型レポート大公開
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポートを書く時の気持ち
レポートを理解するには、議論の仕方を勉強するのが一番です。このページでは、レポートと議論の類似点を説明します。
レポートにおける引用の意義
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
自分なりの「受かる型」を掴む
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート初学者が陥りがちな罠
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
論理的でなければ主婦のおしゃべりと同じ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートと作文の違い
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
慶應通信のレポートの常識はずれな真実
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの中の仮想の話相手とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
学問としてのレポート
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
章と節の基礎知識
レポートの章や節の立て方を説明します。
節立ての方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
序論・本論・結論の役割
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
読解力の重要性
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート課題を正しく理解する方法
慶應通信のレポートを作る上で、役立つ知識を紹介します。
課題からテーマ設定する方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
良い参考文献を選ぶ方法
レポートの参考文献の選び方、使い方について説明します。
説明を論述に変えるために必要なもの
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
節の作り方
レポートの節立ての仕方を説明します。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
説明型レポートの発見
慶應通信のレポートには比較的簡単に書ける説明型レポートがあります。それらは総合教育科目に多く属しています。
説明型レポートのアウトラインの作り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートの形式
比較的易しいレポートの書き方です。
アウトラインの重要性
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポートの進め方
慶應通信のレポートの作り方を一通り概観します。
勉強の順番
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキスト批評という勉強法
テキスト批評という勉強法を紹介します。
要約の練習
慶應通信のレポート課題には、「〜を要約しなさい」という指示があります。正しい要約の仕方を説明します。
テキスト批評をレポートへ活かす方法
テキスト批評のやり方を知っているとレポートにそのまま活かすことができます。
説明型レポートでは問いを立てる必要がない
慶應通信の説明型レポートを書く上で欠かせない、テーマ、問いの考え方について説明します。
レポート課題からレポートを見抜く
慶應通信のレポートは課題によって、説明型レポートと論述型レポートに分けられます。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
下書きの書き方
レポートの下書きの方法について説明します。
再読する重要性
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分かりづらい文章の共通点
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
問いの設置
比較的易しいレポートの書き方です。
論述型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
論述型レポートの形式ごとの役割
比較的易しいレポートの書き方です。
考察を加える方法
考察とはどのような文章化を説明します。
考察と感想の違い
比較的易しいレポートの書き方です。
分析的なテーマ設定
比較的易しいレポートの書き方です。
「説明」の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキストの劣化版コピーから脱する方法
比較的易しいレポートの書き方です。
レポートのストーリー
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートにおける文学鑑賞
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
簡単にレポートの質を上げる方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
引用とコピペの違い
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
効果的な引用を行う方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキスト理解を示す方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
正しい文章と「受かる文章」は違う
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
文献が理解できないときの対処法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
考察の下準備
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
ネットの情報と文献を組み合わせる方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
合格レポートを倍増させる思考法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
受かるレポートの文献活用
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
受かるレポートの対話条件
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
受かるレポートの形式
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
受かるレポートの文章
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
慶應通信で成功する型は全部同じ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートから始める理由
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの本は捨ててください
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録