サスペンスドラマ

慶應通信には受かりやすいレポートがあります。それが説明型レポート。説明型レポートとは・・・。

「問い」について説明していきます。私は常日頃からレポートは「問い」が重要だと言っていますが、多くの人がこれをイマイチ理解できていないことも知っています。

 

今回は、問いの重要性をなるべくかみ砕いて説明していきたいと思います。

 

私が「問い」の存在をを初めて知ったのは、慶應通信の3年目の終わり頃で、まさにレポートに悩んでいたときでした。

 

その悩みは今から思えば、「論述ができない!」というものでした。そこで自分なりに考え、序論や結論を作ったり、語尾を「〜と思われる」とレポート風にしましたが、一向に合格率は上がりませんでした。

 

それもそのはずで、今から思えばこれらは、ピントのズレた対策です。

 

受からない真の原因とは、論じている内容が「浅い」ことなので、表層的な部分だけ直しても意味ないのです。それに気づいて試行錯誤をした結果、行き着いた答えがあります。

 

レポートの中に「問いを立てる」事です。

 

分かってしまえば、普通の文と論述の違いは、とてもシンプルです。

 

文章全体が自分なりの問題意識、つまり「問い」に対して展開されているかどうかです。そのため、「〜だろうか?」という疑問文があるだけで、すべてのレポートは論述になります。

 

こういった論述は、普段の生活の中で、あまり書く機会はありません。私たちが目にするほとんどの文章は、論述でなく説明の形になっているからです。

 

あなたは今までに、作文・読書感想文・報告書といった様々な文章を作ってきたと思います。これらの文章に共通する特徴は、問いがないことです。

 

一通り説明したら終了なので、わざわざ問題提起をしたり、考察を加える必要がありません。思ったこと、感じたことを自由に書き、適当にまとめて終わりです。

 

ただ、レポートをこういった気持ちで書いたら、決して受かりません。そこで、すべての文章を論述へ変える方法を教えます。

 

ここに「運動会のリレーについて」というお題があります。

 

「このお題のもとで、自由に文章を作ってください」といったとき、多くは次の2つの文になります。

 

A「放課後毎日練習して、一等賞になれて、とてもうれしかったです。」

 

B「放課後毎日練習して、一等賞になれて、練習の大切さを学びました。」

 

Aはただの感想文なのに対し、Bが「論述」になります。

 

なぜAが感想文かと言うと、あくまで事実を列挙しているだけだからです。それに対してBは、その事実から「何が言えるか」を考察しています。

 

この違いが、説明と論述の違いです。

 

ところでこの考察は、何によって生まれたかと言うと、具体的な「問い」があるかどうかです。Bの文章の裏には「何を学んだか?」という自問自答が存在します。

 

そこで、Aの文章に対して「何を学んだか?」と問えば、Bの文章へ生まれ変わります。

 

したがって、問いがあれば論述になるのです。このことは、レポート壁を突き破るためのかなり本質的なことです。

 

私は最初の3年間で30単位しか取れませんでしたが、その後の3年間では100単位以上を取得しました。

 

その核となる思考は、たった1つ、問いを置く事です。

 

ですから全力で理解してください。問いがあるだけで、論述になるという事実に気付くことで、卒業への道は開かれます。

 

ここまで断言できる理由は、「問いを立てる」ことによって、それに付随する本質的な学びがたくさんあるからです。

 

例えば、論点を定めることができます。上の例では「何を学んだか?」と問うことで、「練習の大切さ」という新しい視点を持つことができました。この視点から文章を展開していくと、論述に深みが出ます。

 

また、余計な文章を省くことで、レポート中で本質となる内容を理解し、結論への最適なルートを見つけることができます。

 

このように「問い」はかなり重要な概念です。しかし、なぜ誰もこの存在に気づかないのでしょうか。

 

その理由は、レポート課題に書いてないからです。

 

「代替財と市場の関係について論じてください」という課題をみてください。この課題の下で、本当に代替財の概念「だけ」述べたら落とされます。

 

それは百科事典と同じで、「説明」に過ぎないからです。この説明を論述へ変えるには、代替財を論じるための適切な問いが必要です。

 

例えば、「代替財はどういう状況で生じるだろうか?」という疑問文です。実際に書き始める前に、こういった具体的な問題意識を持つことで、初めて論述が可能になるわけです。

 

今回の話の重要性が理解でき、レポートに取り入れることができたら、あなたも論述の上級者です。そのレポートが返却された時、この情報が本物かどうか分かるはずです。

関連ページ

説明型レポート大公開
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートがレポートであるための最低条件
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
議論になっていると受かる
レポートを理解するには、議論の仕方を勉強するのが一番です。このページでは、レポートと議論の類似点を説明します。
節や章についての考え方
レポートの章や節の立て方を説明します。
レポートの形式
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
節や章についての考え方
レポートの章や節の立て方を説明します。
読解力の重要性
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート課題を正しく理解する方法
慶應通信のレポートを作る上で、役立つ知識を紹介します。
参考文献についての考え方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
課題からテーマを決める
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
良い参考文献を選ぶ方法
レポートの参考文献の選び方、使い方について説明します。
考察を加える方法
考察とはどのような文章化を説明します。
説明と要約の仕方
比較的易しいレポートの書き方です。
説明を論述に変えるために必要なもの
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
節の作り方
レポートの節立ての仕方を説明します。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
説明型レポートの発見
慶應通信のレポートには比較的簡単に書ける説明型レポートがあります。それらは総合教育科目に多く属しています。
説明型レポートのアウトラインの作り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートの形式
比較的易しいレポートの書き方です。
アウトラインの重要性
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポートの進め方
慶應通信のレポートの作り方を一通り概観します。
勉強の順番
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキスト批評という勉強法
テキスト批評という勉強法を紹介します。
要約の練習
慶應通信のレポート課題には、「〜を要約しなさい」という指示があります。正しい要約の仕方を説明します。
テキスト批評をレポートへ活かす方法
テキスト批評のやり方を知っているとレポートにそのまま活かすことができます。
説明型レポートでは問いを立てる必要がない
慶應通信の説明型レポートを書く上で欠かせない、テーマ、問いの考え方について説明します。
レポート課題からレポートを見抜く
慶應通信のレポートは課題によって、説明型レポートと論述型レポートに分けられます。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
下書きの書き方
レポートの下書きの方法について説明します。
引用の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
再読する重要性
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分かりづらい文章の共通点
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
論述型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
論述型レポートの形式ごとの役割
比較的易しいレポートの書き方です。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録