サスペンスドラマ

説明型レポートの勉強の仕方

いきなり下書きしたら失敗する

説明型レポートには効率的な勉強の仕方が存在します。このページではその方法について説明していきます。

 

失敗する人の共通点は、文献を読んだらすぐにレポートを書こうとすることです。ところが、文献内容を理解したつもりになっていても、書き始めると内容がまとまりません。その結果、もう一度テキストを読むところから始めないといけなくなります。

 

文献を読む作業をインプット、文章を書く作業をアウトプットといいますが、インプットとアウトプットの間には壁が存在します。その壁を取り払う作業が、アウトライン作成です。

 

アウトライン作成とは予めレポート構成を考えておくことです。具体的には、序論の「テーマ」、本論の「節立て」を決めます。それによって、レポートの文章内容も定まっていくので、必ず下書きの前に行うようにして下さい。

序論のアウトライン作成

どんな文章にも題材があります。レポートではそれをテーマと呼びます。題材は最初に述べておくのが普通なので、レポートのテーマは序論で述べます。

 

説明型レポートの場合、説明する領域を定めることが重要です。どこからどこまでを扱うかが決まっていないと、分量が膨大になってしまい、何が言いたいのか分からない文章になってしまうからです。

 

例えば、「江戸時代の農民」をすべて説明するのは、範囲が広すぎて不可能です。しかし江戸時代の農民のうち、衣食住についてだけ述べるのであれば可能です。

 

このように説明する領域を定めるのがテーマ設定の役割です。それによってレポート構成が左右されるため、アウトラインの最初の段階できちんと決めておきましょう。

 

レポートのテーマにはフォーマットがあります。「〜について」の形でまとめることです。よくレポートの序論で目にする「本レポートでは〜について説明する」という文は、テーマ設定のための文なのです。

 

テーマ設定の際、具体的な内容を自分で考える必要はありません。テーマはレポート課題を参考に設定します。

 

例えば、「真理関数理論と量化理論について説明しなさい」という課題の場合、テーマは「真理関数理論と量化理論について」となります。また「代替財と補完財について説明しなさい」という課題の場合、テーマは「代替財と補完財について」となります。

 

このようにテーマを明らかにし、説明する領域を明確にするところからアウトラインの作成は始まります。

本論のアウトライン作成

説明型レポートの場合、独自の問題設定(問いの設置)を行う必要はありません。先ほど決めたテーマについて一通り説明することが要件となるので、何かしらの答えを出すものではないからです。そのため問いは要らないという事です。

 

このように問いは必要ないのですが、説明の方法を明確にしておく必要はあります。同一テーマに対する説明であっても、どのように説明するかは人によって様々です。

 

例えば「真理関数理論と量化理論について説明しなさい」という課題でも、人によってどこから(何から)説明するかは異なります。記号化の過程から丁寧に説明する人もいますし、いきなり論理式を説明し、いつの間にか記号化が行われている人もいます。

 

もちろん前者の方が良いのですが、その中でもきちんと具体例を示して解説している人とそうでない人に分かれます。

 

説明型レポートの肝は、過不足なく説明することです。そのためには、一にも二にもテキスト内容をきちんと理解し、述べるべき項目を自分で判別できるようにしておきます。

 

また、説明の補助となるものはレポート課題に書かれているので、必ず取り入れます。例えば、「IS曲線やLM曲線を使って〜」や「真理表を書いて〜」が当てはまります。

 

このように述べるべき項目をピックアップした後は、それを基に節立てします。基本的には、述べるべき項目ごとに節を立て、3節から5節ほど用意します。

結論のアウトライン作成

説明型レポートの場合、結論では「テーマの確認」と「要約」を行います。これらは本論が完成すれば自ずと書けるため、結論で注意することはありません。

 

ただ論述型レポートの場合、結論は答えを書くという重要な役割がありますので、「結論=単なるまとめ段落」とは考えない方が良いです。また、要約の方法についてはこちらのページをご覧ください。

 

以上がアウトライン作成の手順となります。インプットの後、序論の「問い」と本論の「節立て」を決めることで、レポートの完成をイメージすることができます。それによって、アウトプットを効率的に行うことができますので、アウトライン作成は必ず行うようにして下さい。

 

メルマガ内でも詳しく説明していますので、こちらからレポートの書き方を学んでください。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

 

説明型レポートの特別な情報がほしい方は、こちらのページをご覧ください。リンク先の【完全非公開の「メール講義】の一例をお見せします@」のページに、完全非公開情報を載せてあります。

関連ページ

説明型レポート大公開
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートがレポートであるための最低条件
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
議論になっていると受かる
レポートを理解するには、議論の仕方を勉強するのが一番です。このページでは、レポートと議論の類似点を説明します。
レポートの形式
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
節や章についての考え方
レポートの章や節の立て方を説明します。
読解力の重要性
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート課題を正しく理解する方法
慶應通信のレポートを作る上で、役立つ知識を紹介します。
参考文献についての考え方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
課題からテーマ設定する方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
良い参考文献を選ぶ方法
レポートの参考文献の選び方、使い方について説明します。
説明を論述に変えるために必要なもの
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
節の作り方
レポートの節立ての仕方を説明します。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
説明型レポートの発見
慶應通信のレポートには比較的簡単に書ける説明型レポートがあります。それらは総合教育科目に多く属しています。
説明型レポートの形式
比較的易しいレポートの書き方です。
アウトラインの重要性
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポートの進め方
慶應通信のレポートの作り方を一通り概観します。
勉強の順番
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキスト批評という勉強法
テキスト批評という勉強法を紹介します。
要約の練習
慶應通信のレポート課題には、「〜を要約しなさい」という指示があります。正しい要約の仕方を説明します。
テキスト批評をレポートへ活かす方法
テキスト批評のやり方を知っているとレポートにそのまま活かすことができます。
説明型レポートでは問いを立てる必要がない
慶應通信の説明型レポートを書く上で欠かせない、テーマ、問いの考え方について説明します。
レポート課題からレポートを見抜く
慶應通信のレポートは課題によって、説明型レポートと論述型レポートに分けられます。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
下書きの書き方
レポートの下書きの方法について説明します。
引用の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
再読する重要性
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分かりづらい文章の共通点
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
問いの設置
比較的易しいレポートの書き方です。
論述型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
論述型レポートの形式ごとの役割
比較的易しいレポートの書き方です。
考察を加える方法
考察とはどのような文章化を説明します。
考察と感想の違い
比較的易しいレポートの書き方です。
分析的なテーマ設定
比較的易しいレポートの書き方です。
「説明」の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキストの劣化版コピーから脱する方法
比較的易しいレポートの書き方です。
レポートのストーリー
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録