サスペンスドラマ

レポートは公共性を持った文章です。公共性を持った文章とは何か。

公共性の変化に気付けない人はKY?

すべての文章には、その文章がもともと持っている「性格」があります。

 

レポートにも忘れてはならない2つの性格があって、それを理解しないで文章を書くことは、相手の性格を無視して会話するのと同じです。

 

いじられることが嫌いな人をいじったり、人混みが嫌いな人を騒がしい場所に連れ出したら、良くないですよね。文章を書く際も同じで、レポートの性格を知り、正しく対処することが重要です。

 

レポートの文章には、公共性と客観性という2つの性格があります。

 

このページでは、公共性について説明します。※客観性についてはこちらのページをご覧ください。

 

皆さんは、「公共の場」という言葉をご存知ですよね。しかし、この言葉の正確な意味を説明しろと言われたら、少し難しいです。

 

私は「公共性」について、「知らない人の目があるところ」と解釈しています。

 

学校や会社は「知らない人の目があるところ」なので、公共の場です。それに対して、友達と家の中で遊ぶのは、公共ではなく、完全プライベートです。
しかし、同じ友達でも、外で遊んだら、公共性が代わり、それゆえ話題や遊び方も変化します。要するに、不特定多数の目があなたに向けられる可能性が高くなれば、公共性も増すわけです。

 

このような公共性によるやり取りの変化は、文章のやり取りでも見られます。

 

先の法則に従えば、公共性がある文章とは、多数の目に晒される可能性がある文章です。

 

文章に対して「公共性」を意識することはあまりないと思うので、私的な文章を引き合いに出してみます。

 

今回取り上げたい文章は3つ。

 

友人間の手紙

 

教授へ向けた暑中見舞い

 

私が配信するメルマガ

 

 

まず、友人間の手紙から考えていきましょう。

 

くだけた言葉、どんな話題でも可能です。別に他の人が読んだりしないので、その人さえ理解できれば表現も問題ありません。
これがプライベートな文章の特徴で、それゆえ友人間の手紙の公共性は「かなり低い(=プライベート)」と言えます。

 

それでは、教授に向けた暑中見舞いとなるとどうでしょうか。

 

言うまでもなく教授は、公共の場である大学の一環です。

 

想像してもらえば分かりますが、公共の関係と捉えるだけで、手紙の趣旨が変わります。

 

例えば内容です。
暑中見舞いなので、極力それに関係ない話は慎むと思います。お元気ですかと言いつつ、レポートの具体的な質問をするのは、少々失礼です。(笑)

 

公共性が変化すると、文章の内容まで変わることが分かったと思います。

 

また内容だけでなく、表現も変わります。これに関して、最後のメルマガについて説明します。

 

メルマガは不特定多数に向けた文章です。

 

たとえ親しい人ばかりのメルマガであっても、最初に述べた友人に向けた手紙とは「表現の仕方」が変わりますよね。「おっす!元気!?」など言わないでしょう。(笑)

 

このように公共性を持つと、表現や内容に色々な縛りが出てくるのです。

 

公共性がある文章の特徴

公共性のある文章は、どんな特徴を持つかについて説明します。

 

分かりやすい文章

 

公共性のある文は、まず第一に「分かりやすい」という特徴があります。

 

不特定多数に向けた文は、それを読むすべての人が理解できるよう配慮する必要があります。

 

難解な言い回しや、意味不明の用語、読めない漢字ばかりの文を見たことがあると思います。また文章ではないですが、テレビで、なにやら難しそうなことを言っているが、何を言っているのかちっとも分からないコメンテーターもいますよね。

 

これらの表現は公共性という観点から言えば、「失格」です。

 

公共的な文は、何よりもまず、分かりやすくないといけません。

 

レポートでも、難しい表現は避けて、「分かりやすく」が原則です。「教授は頭が良いから理解してくれるだろう」と考えて、テキストの難解な表現をそのまま使って提出すると、必ず「もっと平易な表現で」とダメだしされます。

 

このようにサラッと言われますが、難しい表現を簡単に書くと言うのは、実は難しいことです。

 

自分が本当に理解していないとできないからです。

 

そのため、難しいことを難しいまま書くのは、本人が理解していない証拠と取られてもしょうがないのです。

 

このようなわけでレポートを書くときは、専門家が理解できる文ではなく、読む人が一発で理解できる文を書くという気持ちが大切です。

 

 

論じる価値がある話題

 

公共性がある文のもう1つの特徴は、「論じる価値がある」話題を扱っていることです。

 

例えば私のメルマガが突然、レポートではなく、野球について語り始めたらどう思いますか?

 

それ以降、絶対に開封しませんよね。少なくとも、私なら120%登録解除します。

 

これは、「相手にとって聞く価値のある話をする」という配慮が欠けている問題です。

 

レポートにおいても同じことが言え、レポートでは客観的に見て論じる価値があり、採点者の時間を取っても、読むに堪える文章を作らないといけません。

 

課題から逸れたレポートはダメですし、自由にテーマを設定する課題の場合は、学術論文として論じる価値があるテーマを選択していないとダメです。

 

学術論文として論じる価値があるかとはどういう意味か。判別は簡単です。

 

「卒論でガンダムを書こう」という発想がNGだという事です。(笑)

 

 

そして、課題から逸れるということについて詳しく説明していきます。

 

「課題から逸れるなんて、そうそうないでしょ」と思う人も多いと思います。が、これは結構あるので注意が必要です。

 

よくあるのは、「AについてBを踏まえて論じなさい」という課題です。

 

この課題は一見、AとBの両方が重要で、平等に分量を割きたくなりますよね。しかし、次のように捉え直すと、それが間違いであることが分かります。

 

「Aについて論じなさい。その際、Bについても言及すること」

 

どうでしょうか。Aについて論じることが課題の主旨で、BはAの補足に過ぎないことが理解できますよね。

 

こういった課題が出たとき、Bばかり述べていると、当然Aについての記述が少なくなります。その結果、課題から逸れたレポートとなってしまい、極端に言えば、論述する価値がないことを扱った公共性の低い文章になってしまうのです。

 

公共性のあるレポートまとめ

さて、公共性の説明は以上になります。

 

簡単にまとめると、

 

・分かりやすい表現をしているか

 

・課題と関係ないことを書いていないか

 

がチェックポイントになります。

 

そのためには、まずはテキスト内容をふか〜く理解する必要があります。
それができれば、上記2点をクリアし、公共性のあるレポートが書けますので。

 

 

レポートの実践的講義を行っております。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

説明型レポート大公開
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
論述型レポート大公開
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポートがレポートであるための最低条件
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
議論になっていると受かる
レポートを理解するには、議論の仕方を勉強するのが一番です。このページでは、レポートと議論の類似点を説明します。
節や章についての考え方
レポートの章や節の立て方を説明します。
読解力の重要性
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート課題を正しく理解する方法
慶應通信のレポートを作る上で、役立つ知識を紹介します。
課題からテーマ設定する方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
良い参考文献を選ぶ方法
レポートの参考文献の選び方、使い方について説明します。
説明を論述に変えるために必要なもの
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
節の作り方
レポートの節立ての仕方を説明します。
説明型レポートの発見
慶應通信のレポートには比較的簡単に書ける説明型レポートがあります。それらは総合教育科目に多く属しています。
説明型レポートのアウトラインの作り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートの形式
比較的易しいレポートの書き方です。
アウトラインの重要性
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポートの進め方
慶應通信のレポートの作り方を一通り概観します。
勉強の順番
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキスト批評という勉強法
テキスト批評という勉強法を紹介します。
要約の練習
慶應通信のレポート課題には、「〜を要約しなさい」という指示があります。正しい要約の仕方を説明します。
テキスト批評をレポートへ活かす方法
テキスト批評のやり方を知っているとレポートにそのまま活かすことができます。
説明型レポートでは問いを立てる必要がない
慶應通信の説明型レポートを書く上で欠かせない、テーマ、問いの考え方について説明します。
レポート課題からレポートを見抜く
慶應通信のレポートは課題によって、説明型レポートと論述型レポートに分けられます。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
下書きの書き方
レポートの下書きの方法について説明します。
引用の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
再読する重要性
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分かりづらい文章の共通点
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
問いの設置
比較的易しいレポートの書き方です。
論述型レポートの要件
比較的易しいレポートの書き方です。
論述型レポートの形式ごとの役割
比較的易しいレポートの書き方です。
考察を加える方法
考察とはどのような文章化を説明します。
考察と感想の違い
比較的易しいレポートの書き方です。
分析的なテーマ設定
比較的易しいレポートの書き方です。
「説明」の仕方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキストの劣化版コピーから脱する方法
比較的易しいレポートの書き方です。
レポートのストーリー
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートにおける文学鑑賞
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
参考文献についての考え方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録