サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

節の作り方は多岐にわたるので、絶対に正しいというものはありません。議論に様々なパターンがあるのと同じように、節立てにも様々な方法があります。

 

例えば、皆で意見を出し合ってから、それをまとめていくという形式の議論があります。また、少数の人が力強く持論を展開し、それを周りの人が理解するという形式の議論もあります。これらは、どちらも議論としての役割(答えを出すこと)を果たしているという意味では、正しい形式を取っています。

 

節立てにおいても重要なことは、いくつ用意するかといったことではなく、レポート本来の役割を果たすものになっているかどうかです。それさえクリアしていれば、どのような節立てをしていてもレポートは合格します。

 

レポートの目的とは「テキスト理解→考察」という流れによって、答えを出すことです。それに貢献した節立てであれば、すべて正しいと言えます。

 

例えば、いくら丁寧にテキスト理解を示しても、肝心の答えに結びつかなければ、「ここまでの説明はなんだったのか」と思われても仕方ありません。これが上述した内容の分断です。

 

しかし、このことは逆に言えば、説明節と考察節の繋がりさえきちんとしていれば、「説明節1→説明節2→説明節3→考察節」の形にならなくても良いことを意味します。

 

例えば、「説明節1→考察節1→説明節2→考察節2」と順番を組み替えても問題ありませんし、説明節と考察節を1つにまとめて、「問題1についての説明と考察」→「問題2ついての説明と考察」と展開しても構いません。

 

結局のところ、これらの違いは、述べる順番の違いにすぎません。順番ではなく、必要な要素がそろっているかが重要です。それは、説明と考察でした。

 

したがって、節立てとは、レポートを論理的に展開することを助けるものだと思ってください。

 

このような卒業まで役立つレポートノウハウをメルマガ内で講義しております。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

下書きの際の注意点
レポートの下書きの方法について説明します。
レポート用紙の使い方
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
論述とは何か
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
なぜ文献からのコピペではダメなのか
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
要約力上達のコツ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分かりづらい文章の3つの特徴
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
テキスト理解を示す「説明」とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
考察についての大まかなイメージ
考察とはどのような文章化を説明します。
受かるレポートの文章のまとめ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
正しい文章と「受かる文章」は違う
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録