サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

引用の意義

レポートの文章には2つの性質があり、それは公共性と客観性でした。これらの性質を具現化するテクニックが「引用」です。

 

論文など学術書には、必ずと言っていいほど先行研究からの引用が見られます。これは科学のあるルールを守るために行われます。

 

そのルールとは、自分の研究は先行研究の上に積み重ねなければならないというルールです。科学では、先行研究を無視して述べた意見は、その人の独断と見なされます。

 

もちろん、きちんとした根拠があれば、新説として認められますが、こういったケースは稀です。ほとんどの場合、90%先行研究を踏襲したうえで、少しだけ自分の意見を述べます。

 

これが科学的態度というものです。

 

私たちはレポートの中で、この科学的たいどを取らなければなりません。その1つに「引用」があります。

 

引用は説明型レポートでも論述型レポートでも、どちらでも必須です。

 

説明型レポートの場合、テキスト内容を自分の言葉で説明することが要件となるので、自分の言葉に先立ってテキストが存在しなければならないことになります。

 

そのため引用は必須です。テキストからの引用がない限り、あなたの意見が本当にテキストを拠り所としているかが判断できないからです。

 

また論述型レポートの場合も引用は必須です。

 

論述の構成は「説明→考察」です。

 

この説明は、後の考察を行う土台としてのテキスト理解を示す場所です。テキスト理解が間違っていたら、正しい議論が行えなくなるので、
きちんと本文を引用して慎重に理解を示す必要があります。

 

このように引用は、説明をサポートするという役割を持ちます。また、その引用が本物であることを証明するために、レポート内で文献名とページ数を明確にしましょう。

 

これは(『文献名』〇〇ページより引用)とコメントするだけでよく、後から誰でも審議できる状態を作っておくわけです。

引用の方法

効果的な引用を行うためには、引用の意義を把握しておかないといけません。それは、客観性の保持です。あなたの文章が信頼するに足るかの判別には、テキストの本文を引用することが必須です。

 

それでは、どうすれば効果的な引用ができるかのテクニックを説明します。

 

それは、「定義づけ」、「説明」、「根拠」の3点です。

 

定義づけとは、用語の意味の説明です。これは自分の言葉で行うのではなく、テキストから本文をそのまま引用してください。

 

当たり前ですが、定義づけが異なれば、その用語を用いた議論の意味がズレてきます。その結果、すべて修正しなければいけない場合もあるため、絶対の自信がある場合を除いて、定義づけは自分の言葉で行わない方が良いです。

 

もう1つは、解説の際に引用します。解説というのは、テキストの内容を分かりやすい言葉に直す「説明」と呼ばれる作業です。

 

テキストの内容を自分の言葉に直すと言うと、難しく感じる人がいますが、実際はそこまで難しくありません。もちろん、テキストの内容を完全に理解していることが前提になりますが、正しい方法で行えばかなり楽に行う事も可能です。

 

まずはレポート中で述べる項目をピックアップし、それに対応するテキスをそのまま引用します。その後、引用文を読み手に対し、分かりやすく説明してあげる気持ちをもって解説することで、無理なく説明ができます。この方法は特に節の最初に行うことが有用で、その後の展開に説得力を持たせることができます。

 

最後に根拠ですが、これは「事実の根拠」と「主張の根拠」の2つに分けられます。

 

すべての文章は、「事実→根拠→推論」から成り立っています。この根拠がなかった場合、ある事実を無条件に受け入れ、そのもとで主張を述べることになります。しかし、そもそも事実が正しくなければ、主張することはできません。

 

そのため、まずはきちんと事実があることを信頼できるデータを引用して、述べておく必要があるのです。

 

自分の主張の根拠として引用を用いる場合も同じです。なぜそんなことが言えるかを読み手が理解できる形で、示しておく必要がります。それを引用によって行うという事です。

引用の形式

引用には、フォーマットがあります。

 

『文献名』(出版年) 著者名 ページ数によると、「・・・引用文・・・」という。

 

又は、

 

「・・・引用文・・・」という(『文献名』 著者名 (出版年)ページ数)

 

このようになります。

 

引用文は一字一句変えずに用いて、必ず文献名などのコメントを残してください。

 

また、コメントに記載した文献は、文献表にも再度記載します。ページ数を一致する点まで気を付けてください。

関連ページ

下書きの書き方
レポートの下書きの方法について説明します。
客観性のある文章とは
レポートの文章には客観性がなければいけません。このページでは客観的な文章の作り方を説明します。
公共性のある文章とは
あなたのレポートの文章は公共性を持っていますか。レポートに公共性を取り入れる方法を説明します。
節の作り方
レポートの節立ての仕方を説明します。
説明を論述に変えるために必要なもの
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明と要約の仕方
比較的易しいレポートの書き方です。
考察を加える方法
考察とはどのような文章化を説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録