サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

レポートは「〜について論じる」というテーマ設定から始まります。このテーマ設定と「あること」を組み合わせることで、レポート課題を自由自在に操ることができます。

 

多くの人は、テーマ設定だけ行い、勝手に課題を簡略化します。しかし、それではいけません。

 

課題はあくまで課題なので、簡略化するのではなく、どう扱うかを考えなければいけません。

 

・課題を変える

 

誤解を恐れずに言えば、レポート課題は自分で変えることができます。レポート課題に答える方法は無数にあるからです。その中から、自分だけのアプローチを選択し、レポート課題に答えるという形を取るのです。

 

例えば、「江戸時代の農民について説明しなさい」という課題があるとします。この課題では、農民生活という大きなテーマこそありますが、具体的に何に注目すればよいかまでは指定されてません。

 

あなたが考えることは、まさにこの「どこに注目するか」です。衣食住に注目する人もいますし、上層農民と下層農民の交流に注目する人もいます。

 

これらはどちらも正解であり、これらの観点から江戸時代の農民について説明すれば、課題に答えたとみなされます。

 

・アプローチ方法を決める

 

この衣食住や農民の交流という独自の着眼点をレポートの「アプローチ」と呼びます。多くの人はアプローチなしに、ただ課題を簡略化してテーマを設定します。

 

ただ、それでは課題に答えていることになりません。当サイトの中でも「テーマを絞る」重要性を強調していますが、これはすべて具体的なアプローチを見つけやすくするためです。

 

これは一見すると難しそうですが、ちょっとしたコツを掴めば誰でもできます。

 

問いを設定するだけで良いのです。

 

レポートのテーマを設定した後は、漠然と論じるのではなく、「問いに答えることで、そのテーマについて論じる」ということを考えなければなりません。

 

そこで重要になることは、テーマを説明するために「自分はどんな問いに答えればよいか」という逆算的思考を行う事です。

 

くれぐれも言っておきますが、レポート課題を簡略化することがテーマ設定ではありません。あくまで視野を「限定」し、課題に答えるための問いを発見することがテーマ設定の狙いです。

 

この点をはき違えてしまうと、レポートの最初の段階でつまづくことになるので、正確に理解してほしいと思います。

関連ページ

節や章についての考え方
レポートの章や節の立て方を説明します。
序論・本論・結論の役割
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
簡単にレポートの質を上げる方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
参考文献が理解できないときの対処法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録