サスペンスドラマ

レポートの節立ては、論理的な展開を助けます。正しい節立ての方法とは。

なぜ節が必要か

レポートには節は必須です。たまに節を作らないで一本調子のレポートを書く人がいますが、それではレポートは書けません。節なしで書こうとすることは、レポートの要件を満たす上で不利にしか働かないからです。

 

このページでは、レポートの節立ての仕方について解説していきます。

レポートの要件

レポート最大の目的は、「問いに答える」ことです。何かしらの答えを出すための文章であり、その意味でよく議論に喩えられます。

 

公正な議論では、結論は最初から決まっていません。小さな疑問を解決していくことで、本来の論点を解決していきます。このように問題を細分化して答えに迫ることで、誰もが反論できない結論を出します。

 

この論点は、レポートでは「問い」にあたります。それを細分化するという事は、最終的な答えを出すために必要な疑問点をいくつも用意することになります。

 

この小さな疑問を扱うのが節です。

 

節は小さな疑問を解決するというテーマを持った文章なので、節を上手く利用することで「疑問Aの解決→疑問Bの解決→疑問Cの解決→レポートの本題の解決(結論)」という筋道だった議論を行う事ができます。

 

このようなわけで、節を作らず本論を展開したり、反対に混乱を招くほど多くの節を立ててはいけません。節の本来の機能を知ることで、自然とよい節立てができるので、あなたはまず節の機能を把握してください。

節の種類

レポートの流れは、「テキスト理解→考察」と決まっています。これは「テキスト内容を丁寧に説明し、自分なりに考察する」という文章展開になります。

 

このようにレポートには、テキスト理解と考察という2種類の過程があります。

 

このとき最も難しいのは、移行するときです。これは自転車のギアを変えるのに似ています。

 

2段階ギアの自転車に乗っているとき、一番振動するのはギアを変える瞬間です。レポートにおいても、いかにスムーズにギアを入れ替えるかが腕の見せ所であり、最も差がつきます。

 

そこで、次の2種類の節を用意します。テキスト理解を担う「説明節」と、考察を担う「考察節」です。

 

良いレポートの特徴は、まずテキスト理解がきちんとできていることです。そのためには丁寧に説明節を作ることが大切で、なるべく問題を細分化しておきます。

 

このように説明では、漏れなく説明することが大切です。

 

このとき説明すべきキーワードを箇条書きにしておくと、非常に役立ちます。キーワードごとに説明すれば、結果としてテキストを再構成し、テキスト理解を示すことができるからです。

 

このキーワードごとに立てられた節が説明節です。説明節では、文献の内容をきちんと自分の言葉に直すことが求められます。

 

その後、考察節を作ります。考察節は説明節の内容に自分なりの考察を加えます。そして、問いに対する答えを出します。

 

一般的に説明節と考察節は3:1で用意すると、字数内容ともにうまく収まります。

関連ページ

レポートを書く時の気持ち
レポートを理解するには、議論の仕方を勉強するのが一番です。このページでは、レポートと議論の類似点を説明します。
レポートにおける引用の意義
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
自分なりの「受かる型」を掴む
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート初学者が陥りがちな罠
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
論理的でなければ主婦のおしゃべりと同じ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートと作文の違い
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
慶應通信のレポートの常識はずれな真実
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの中の仮想の話相手とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
説明と論述の違い
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
学問としてのレポート
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録