サスペンスドラマ

慶通英語の特徴

慶通英語の種類

慶應通信の卒業所要単位では、外国語は8単位と決められています。外国語で英語を選択した場合、スクーリング科目「リーディング」と「ライティング」が必修になりますので、残り6単位はテキストで取得しなければなりません。ですから、英語が全く分からないでは済まされないのです。

 

それでは、慶應通信の英語のレベルはどのようなものかを説明していきます。

 

レベルや形式は科目によって様々ですが、いずれも中学英語の知識は必須であり、高校英語にも触れておく必要があります。とはいえ、例えば、慶應の入試のような読解力が求められる科目はなく、最難関の「英語V」でさえ、センター試験や英検2級より容易です。

 

さて、テキスト科目は、「英語T」「英語U」「英語V」「英語Z」があり、すべて2単位科目です。ここから3つを選んで履修するのですが、一番良い選び方は次の通りです。

 

「英語V」を除いた「英語T」「英語U」「英語Z」を履修する

 

上述の通り、「英語V」は応用問題に対応できる力が必要なので、これ以外の3科目を選びましょう。
各科目の大まかなイメージは、次のようなものです。

 

英語T・・・易しめの長文

 

英語U・・・易しめの文法

 

英語Z・・・標準の長文

 

 

何度も言いますが、すべてC判定(ギリギリ合格)で通るにしても、中学英語の知識を完ぺきに抑えることは、絶対に欠かせません。このことは、英語から長く離れている人や英語が苦手な人にとっては大問題だと思います。英語は上達に時間がかかるので、入学して、最初に取り組むのが良いでしょう。

関連ページ

英語が苦手な人が慶通英語を乗り切るための方法
慶應通信の英語について説明します。
慶通英語への導入
これから英語を勉強する人のためのページです。
比較
慶應通信の英語について説明します。
時制
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
助動詞
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
関係代名詞
慶應通信の英語について説明します。
受動態
慶應通信の英語について説明します。
三単現
慶應通信の英語について説明します。
不定詞
慶應通信の英語について説明します。
動名詞
慶應通信の英語について説明します。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録