サスペンスドラマ

政治学 なぜ社会主義は自滅するか

唯物論と資本主義

資本主義、社会主義といった経済の仕組みがあります。

 

資本主義は資本家(お金持ち)が労働者を雇って生産を行うのに対し、社会主義はすべての労力は国有になります。

 

生産過程、生産成果すべてが等しく分配されることによって、階級のない世の中を構想するのが共産主義です。

 

人間社会の仕組みは、奴隷制・封建制・資本主義・社会主義・そして資本主義と変化しています。

 

見て分かる通り、社会主義は失敗し、再び資本主義に戻っています。実際に、20世紀になると理想を求めて多くの社会主義国が誕生しましたが、例外なくことごとく崩壊しています。

 

今回は、なぜ社会主義はうまくいかないのかについて、取り払うことのできない人間の内面性である「唯物論」という観点から説明したいと思います。

 

唯物論を簡単に説明すると、人間の感情と物質の2つの要素があったとき、どちらがどちらに影響を与えているかについて、物質が感情に影響を与えるという立場を取ります。

 

モノがあると人はそれを欲します。その欲望は私欲と呼ばれ、有限のモノに対し、際限なく膨れ上がっていくという特徴があります。

 

つまり、まずモノがあって、心や観念といった人間の内面はそれに付随して変化していくと言えます。

 

これは一見、私欲を排すことを目的とする宗教と矛盾しますが、よく考えてみると宗教であっても唯物論で説明がつきます。

 

宗教では、悟りによって私欲をなくす「解脱」を目標とするという基本的な構図があります。そこに無我の境地があって、解脱こそ様々な苦しみから逃れる唯一の方法だと信じ込ませます。

 

しかしながら、それを推進している指導者は、生身の人間そのものであり、いくら自称しようと解脱者ではありません。その証拠にお布施によって私欲を肥やしており、むしろ私欲の塊というべき存在なのです。

 

こうして資本主義の現代社会において、宗教は一見矛盾した存在でありながら、

 

実質的には資本主義を積極的に推進する歯車として機能しており、なくなることは考えられないわけです。

資本主義の欠陥

この話から分かることとして、プロセスはどうであれ、資本主義と同一のベクトル、つまり上から下へ搾取するというメカニズムを持った手法であれば、資本主義社会では通用します。

 

反対に、改革によってその社会の大枠から外れた手法を用いようとする場合は、並大抵のことではすぐに押し返され、もとの状態に引き込まれてしまいます。

 

さて、唯物論とは「モノ」があり、それが人間の観念に影響を与えるという思考でした。

 

この場合の「モノ」とはお金で買えるものすべてを指すため、これを生み出す手段として、奴隷が生まれ、労働者階級が生まれました。

 

そして労働の対価として得られるモノは、階級の上の人から下の人に向かって段階的に搾取されるのです。

 

そして階級そのものが、どれだけモノを所有しているかによって決まるかを考慮すると、お金持ちはよりお金持ちに、そうでないものは搾取され続ける以外方法はありません。

 

そのとき、お金持ちが自らの立場をなげうって、富を配分しようなどと考えないことは自明です。

 

このような私利私欲に満ちた思考をブルジョワ思想と呼ぶのですが、人間社会は放っておけば資本主義社会を一直線に突き進むのは、いたって自然な流れであることも理解できたと思います。

 

生産過程も成果もブルジョワの私欲で一致していますので、資本主義は大量生産大量消費待ったなしの状態になります。

 

それはそれで大変結構なことですが、社会主義を推し進めたマルクスやレーニンには、資本主義が内包する根本的な欠陥が見えていました。

 

それは階級によってモノを分配する方法によって生じる問題であり、大量生産大量消費によって、一方ではモノがあまっているが、他方では得られない人がいるという不合理な事態です。

 

 

 

 

 

社会主義は成功しない理由

共産主義はこの問題を排除すべく生まれました。

 

これまでのブルジョワ支配からプロレタリアート支配へ転換することによって、階級を排し、労働力とその結果得られる富を国有化し、それをすべての人へ平等に分配するといった考え方です。

 

そして資本主義から共産主義へ、その過渡期として現れるのが社会主義です。

 

つまり、社会主義では生産によって生まれたモノを公共のものと考えますが、階級は完全に消えたわけではありません。

 

そのため、社会主義の段階ではブルジョワ思想の一部の人間は私欲を持ち、それでいて生産に携わる大多数の人間は公欲を持っています。

 

ここで生産過程と成果のベクトルが別を向いているため、社会主義は共産主義へ向かうより強く、資本主義の方へ遠心力が働いてしまうことが分かります。

 

ところが、マルクス・レーニンが生きた時代は共産主義を理想として掲げた時代であり、どこの国もこれを実践していなかったため、共産主義を仮に達成したとして、その後どうなるか想像することができなかったのです。

 

そしてこのような矛盾が立証されたのは、ソ連をはじめとした社会主義国が次々と倒れていった20世紀後半を待たねばなりませんでした。

 

例えば、中国では毛沢東が共産党を打ち立て、共産主義を全力で推し進めましたが、彼の死後わずか一ヶ月で共産主義は転覆されます。

 

とはいっても、利害関係もあって表向きは今でも中国は共産主義国をうたっており、共産党の一党支配が続いています。

 

しかし実質的には貧富の差の激しい資本主義国であることは間違いありません。

 

モノ(金)は常に存在し、またそれを分配する階級も存在します。

 

その中で、すべての人特にブルジョワ階級が私欲を捨て、公欲に生きられるかどうか、つまるところ社会主義が共産主義へ変革できるかどうかはこれにかかっていると言えます。

 

 

 

関連ページ

経済学 需要と供給の基礎知識
経済学のレポート課題に合わせて需要と供給の関係をまとめました。
経済学 需要の価格弾力性
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
経済学 代替財と補完財
慶應通信の経済学レポートを書く上で必要な知識をまとめました。
地学 大気の歴史
慶應通信の地学のレポートの解説です。大気の歴史は、酸素の増加と二酸化炭素の現象を中心に勉強します。
地学 プレート移動
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
地学 深海水の循環
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
政治学 日本の資本主義民主政治
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
政治学 中国の社会主義民主政治
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
論理学 真理関数理論
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
論理学 量化理論
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
法学 三権分立
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録