サスペンスドラマ

経済学 需要と供給の基礎知識

需要曲線と供給曲線

需要と供給について簡単に説明します。

 

需要とは、分かりやすく言えば、「欲しい」と思う気持ちです。

 

同じものを買うなら、高いより安い方が良いですよね。

 

需要は価格が高いほど減少し、安いほど増加するため、右下がりのグラフで現れます。
<img src=

 

供給とは、需要と反対の概念で「売りたい」という気持ちです。

 

売る側になったとき、なるべく高く売りたいというのが本音です。

 

供給は価格が高いほど供給は増え、安いほど減少するため、右上がりのグラフになります。
<img src=

 

均衡価格の仕組み

需要曲線と供給曲線は、言わば立場が反対の人の気持ちを表すものです。

 

これらのバランスはどのようにして取られ、商品の価格が決まるのでしょうか。

 

その答えは、需要曲線と供給曲線を1つのグラフに表してみると分かります。

 

当然交点が生じます。

 

 

交点とは需要と供給がつりあう場所なので、そのときの価格が適正価格です。

 

点Eが交点であり、均衡価格と呼ばれます。

 

次に均衡価格はどのように決まるかについて説明します。

 

基本的に価格をいくらに設定しても、需給のバランスによって、次第に均衡価格に落ち着きます。

 

まずは、あるものの価格を高く設定した場合について説明します。

 

例えば、はじめ価格P1に設定しました。
<img src=

 

 

ところがP1の場所では、供給が需要を上回っているため、売れ残りが生じます。

 

企業側は、売れ残りをさばくために、価格を下げていきます。

 

それと同時に需要が上がっていき、やがて2つの曲線が交わります。

 

このようにして均衡価格に落ち着きます。

 

それでは、これと反対に本来の価値より安く設定した場合について考えてみましょう。

 

はじめ価格P2に設定したとします。

 

<img src=

 

P2では需要が供給を上回っているため、「買いたくても買えない」という人が出てきます。

 

そのなかには、多少高いお金を出してでも買おうとする人がいます。

 

そうした人の働きかけによって、値段が少しずつ上がっていき、やがて均衡価格になります。

 

このようにして、材やサービスは市場に出た途端、否が応にも需要と供給のバランスにさらされ、均衡価格に行き着きます。

 

このコントロールを経済学では「神の見えざる手」と表現しています。

価格変化と需給曲線

需要が増加するということは、需要曲線が右にシフト(平行移動)することです。
<img src=" />

 

価格P0での需要量がX0からX1へ増加したとします。

 

つまり、P0とX1を通るようにグラフがシフトします。

 

このとき供給量が一定の場合、供給曲線は変化しないため、グラフの交点が右上方へ移ります。
<img src=" />

 

最初はE0だった均衡価格が需要が増加したことで、E1となっています。

 

E0より高くても買う人が出てくるので、こうした働きかけによって価格が上がっていくのです。

 

均衡価格に行き着くと、それと同時に取引量も明確になります。

 

価格は均衡価格のままで、取引量だけ増やそうとすると、どのようなことが起こるでしょうか。

 

取引量が増えることにより、利益は増えるのではないでしょうか。

 

例えば、E1で均衡している状態から、供給のみを増やしたとします。

 

供給を増やすということは、供給曲線を右にシフトするということです。

 

そこで次のように新しく供給曲線を描いて、需要曲線との交点を求めます。

 

すると、均衡価格が下がってしまいます。

 

この原因は、需要曲線がシフトしていないことにあります。

 

均衡価格は需要と供給が交わるところです。

 

それは言い換えれば、需要と供給が均衡価格を決めていることになります。

 

ある価格で欲しがる人の量は決まっているため、それを上回る分を作り、売り切ろうとするならば、均衡価格は下がっていきます。

 

実例を挙げると、豊作の年の農家を考えると良いでしょう。

 

豊作の年に多くの野菜が出荷されたとしても、消費者の需要は変化しません。

 

だから、例年と同じ価格で売ろうとすると、売れ残りが生じます。

 

売り切るためには、価格を下げるしかありません。

 

これを説明するのが下のグラフです。

 

需要曲線はそのままで、供給曲線のみ右にシフトすることを意味します。

 

そのため、価格が下がってしまうのです。

 

豊作貧乏という言葉がありますが、野菜が安い年があるのはこのためです。

価格変化と需要曲線

シフトを見るだけで、ある程度の状況は推測できます。

 

・供給曲線が変化せず、需要曲線が右にシフトした→何らかの要因で人気が上がった

 

・需要曲線が変化せず、供給曲線がが右にシフトした→コスト削減などがあったさて、今度は需要に焦点を当ててみます。

 

さて、上に「人気」という抽象的な言葉を使いましたが、需要に影響を及ぼす要因として、

 

@価格
A所得
B情報

 

これらがあります。

 

まずは、@価格について説明します。

 

需要の変化が価格に影響を及ぼすだけでなく、価格の変化も需要に及ぼします。

 

簡単なことですが、一般に価格が下がるほど需要量は増加します。

 

経済学的に表現すれば、需要量は価格によって決まるということです。

 

また、言い方を変えれば、価格が需要量を調整しているということになります。

 

この調整機能について、高速道路を例に取って考えてみましょう。

 

私たちはなぜ高速道路を利用するのでしょうか。

 

答えは簡単で、渋滞がないからです。

 

ところで、なぜ渋滞がないか、考えたことはありますか?

 

このことはとても重要な示唆を与えてくれます。

 

高速道路は、有料にすることによって、予め交通量を減らしている

 

実際に、高速道路は多少の料金が必要です。

 

この痛手が、交通量を減らすのに貢献しているのです。

 

このような見方をすることで、価格が需要を調整していることが分かります。

所得変化と需要曲線

需要量は所得の影響も強く受けます。

 

これは簡単な理由で、所得が上がれば、同じ価格でも相対的に安くなるからです。

 

このことは、子どもの頃の1万円の価値と、大人になってからの1万円の価値の違いを考えてみれば、容易に理解できます。

 

商品自体の価値は同じでも、子どものときに手が出なかったものが、大人になると手に入れることができます。

 

したがって、所得が上がることで、需要は上がると言えます。

 

これも先ほどのグラフで説明がつきます。
<img src=" />

 

所得が上がることで、ある価格での需要が増え、需要曲線が右にシフトします。

 

つまり、所得が上がれば、供給曲線との交点が右上方へシフトするため、価格が上がっていくことが分かります。

 

ここまで述べた内容が、需要曲線をシフトさせる要因です。

 

需要と価格の関係をまとめると、

 

・価格が上がれば需要が下がり、価格が下がれば需要が上がる(同一の需要曲線上での話)

 

・需要が上がると、価格は上がる(所得増加によって需要曲線が右上方へシフトした場合の話)

技術革新と需給シフト

これまでの知識を総動員して、パソコンの価格変化について考えてみましょう。

 

パソコンは年々性能が良くなり、しかも安くなっていきます。

 

当然需要も増しています。

 

これはどのように説明すれば良いのでしょうか。

 

技術革新を繰り返していった結果、安価で性能の良いものが作れるようになります。

 

製造コストが減ることで、価格を安く、大量に生産することが可能になります。

 

供給曲線が右下方にシフトします。

 

それによって均衡価格が下がり、今度は需要が増していきます。

 

したがって、需要曲線は右上方にシフトします。

 

こうして供給曲線シフト→需要曲線シフト→供給曲線シフトを繰り返していくことで、

 

<img src=" />

 

技術革新→価格低下→需要拡大→生産拡大が実現しているのです。

 

 

HPでは公開していない科目の実践的講義をメルマガ内だけで行っております。無料登録はこちらから。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

経済学 需要の価格弾力性
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
経済学 代替財と補完財
慶應通信の経済学レポートを書く上で必要な知識をまとめました。
地学 大気の歴史
慶應通信の地学のレポートの解説です。大気の歴史は、酸素の増加と二酸化炭素の現象を中心に勉強します。
地学 プレート移動
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
地学 深海水の循環
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
政治学 日本の資本主義民主政治
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
政治学 中国の社会主義民主政治
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
政治学 なぜ社会主義は自滅するか
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
論理学 真理関数理論
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
論理学 量化理論
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
法学 三権分立
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録