サスペンスドラマ

慶應通信の地学レポートの参考にどうぞ。湧昇、エルニーニョといった概念を分かりやすく解説します。  

ベルトコンベアーモデル

海水の構造は、密度が大きく冷たい水が下に、密度が小さく暖かい水が上にあります。ただ、海水は循環もするため、長い年月をかけて深層水が表層に移動します。

 

深層海水は両極辺縁で作られます。この深層海水はNADWと呼ばれ、アイスランドとスコットランドの間から北大西洋へ流れ出ます。その後大西洋岸に沿って南下し、インド洋、太平洋と移動します。こ

 

こまで2000年程の時間であり、太平洋に至った深層水は、表層に上昇します。こうして表層水となったNADWはインド洋、大西洋を経て、アイスランドへ戻ります。

 

この考え方を「ベルトコンベアーモデル」と言います。ベルトコンベアーモデルは、海水の深層循環を説明する際の基本となる考え方なので、きちんと理解して下さい。

 

ベルトコンベアーモデルを説明する重要な概念が「湧昇」です。湧昇とは深層水が上昇し、表層水になる現象です。

 

赤道付近では貿易風が吹いているため、その影響で表層水が北半球では北へ、南半球では南へ流れます。流れた表層水分を補うべく、深層水が下から湧き出てきます。

 

これが湧昇のメカニズムであり、先ほどのNADW上昇の理由となります。

エルニーニョ現象

通常、貿易風は東太平洋から西太平洋へ吹くため、表層水もその方向へ移動します。そこで移動した分を補うべく、東太平洋に湧昇が起こり、海水温度が下がります。

 

ただ、貿易風が吹かなくなれば、湧昇が起こらず、通常の年と比べて海水温度に変化が生じます。この海水温度上昇がエルニーニョ現象です。

 

エルニーニョ現象が起こると、海水温度だけでなく大気循環にも変化が生じます。

 

通常、赤道上の西太平洋に暖かい海水が集まるため、そこに低気圧が発生します。しかし、エルニーニョ下では、湧昇がなく東太平洋の大気が温められるため、東太平洋に低気圧が発生し、西太平洋が高気圧となります。大気は高気圧から低気圧へ循環するので、エルニーニョは海水変化のみならず大気循環にも大きな影響を及ぼすのです。

 

また、「ラニーニャ現象」という現象もあります。これはエルニーニョとは反対に、貿易風が強く吹くことによって生じます。その結果、赤道上の東太平洋において通常の年より多く湧昇が起こるため、海水温度が平均より低くなります。

関連ページ

経済学 需要と供給の基礎知識
経済学のレポート課題に合わせて需要と供給の関係をまとめました。
経済学 需要の価格弾力性
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
経済学 代替財と補完財
慶應通信の経済学レポートを書く上で必要な知識をまとめました。
地学 大気の歴史
慶應通信の地学のレポートの解説です。大気の歴史は、酸素の増加と二酸化炭素の現象を中心に勉強します。
地学 プレート移動
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
政治学 日本の資本主義民主政治
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
政治学 中国の社会主義民主政治
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
政治学 なぜ社会主義は自滅するか
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
政治学 ポリアーキーの定着条件
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
法学 三権分立
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
論理学 真理関数理論
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
論理学 量化理論
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。
哲学 自由と決定
レポート課題に関係する箇所だけ分かりやすくまとました。レポート作成だけでなく科目選択の際にも参考にしてください。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録