サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

レポートを提出するまでの時間は、人によって様々です。3時間で終わる人もいれば、1ヶ月以上かかる人もいます。

 

フリーターや主婦の方であれば、1日中レポートに取り組めるので、1週間あればかなりクオリティの高いレポートが書けます。一方社会人の場合、仕事と両立しなければいけないので、多少時間がかかっても一概にサボっているとは言えません。

 

ただ、時間があるという事と、その時間を勉強に割けるかどうかは全く別です。

 

実際に、私の生徒様を見ていても、主婦の方と社会人の方では、完成までの時間はほとんど変わりません。時間がある人ほど見直さないためダメ出しが多く、時間を捻出できない人ほど慎重に書くためです。

 

つまり、時間があるかないかは、レポートを提出する上で本質的な問題ではありません。重要なのは、レポートに対するマインドセットになります。

早く書くことが良いことではない

私は常々、慶應通信ではなるべく多くのレポートを提出することが大切だと言っています。このことは決して、「早く仕上げてください」という意味ではありません。

 

完成までのスピードは、レポートの本質さえ掴めば、いくらでも早めることができます。ただ、初学者には不可能なので、スピードアップは目指さないでください。

 

このように言うのも、レポートというものは、なぜか初学者ほど早く完成させてしまうという事があります。ただ、一目見れば急いで書いたことが伝わり、すべて修正となっしまいます。

 

その結果、2倍以上の時間がかかってしまいます。それならば、最初から時間をかける覚悟を持って着実に進めた方が、結果として早く終わります。

成功の型から逸脱してはいけない

「着実」と言っても、無意味に時間をかけてはいけません。時間を注ぐべき場所を見極めることが大切です。

 

レポートの勉強において、どこに多くの時間と労力を注ぐかと言うと、文献理解、つまりインプットです。インプットを突き詰めることで、レポートのアウトラインは自然と思い浮かんでくるからです。その感覚を得たレポートは、jかなりの確率で合格します。

 

慶應通信で成功する「勉強の型」というものは決まっています。言ってしまえば、成功する人はいつも同じことをしているだけなのです。

 

よく勘違いしている人がいますが、何かで成功するためには、皆を驚かせるほど独創的でオリジナリティ溢れる手段を取る必要があると思っている人がいます。ただ、そのような方法はこの世に存在しません。

 

例えば、私立中学受験生は、毎日特殊算しか勉強しません。どれだけ特殊算を使いこなす特訓をしたかで、合否が決まるからです。

 

また、同じ中学入試でも公立中高一貫校の受験生は、論理的な文章の書き方を勉強します。どれだけ論述が染みついているかで、合否が決まるからです。

 

このように成功するには決まった型があり、そこから逸脱したら、失敗しかありません。

 

慶應通信で成功する型も決まっています。独学がいけないのは、かなりの確率で、成功の型から逸脱してしまうからです。

 

慶應通信で成功するのに、オリジナリティを加える必要ありません。何が正しい努力かを理解し、既に成功している人と全く同じことをする必要があります。

関連ページ

レポートを学ぶ際の勉強の順序
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの形式と内容はどちらから学べば良いか
正しいマインドセットを持つことから始まります。
レポート完成までの基本3ステップ
慶應通信のレポートの作り方を一通り概観します。
レポートのストーリーの作成手順
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
アウトラインを必ず作る理由
合格するレポートに必須なアウトライン作成について説明します。
アウトラインの作り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポート課題の語尾が持つ意味
慶應通信のレポートは課題によって、説明型レポートと論述型レポートに分けられます。
「テキスト理解」とは何か
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートを上達させるテキスト批評という勉強法
テキスト批評という勉強法を紹介します。
テキスト批評をレポートへ活かす方法
テキスト批評のやり方を知っているとレポートにそのまま活かすことができます。
要約がはかどる一行要約とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
一行要約の実例
慶應通信のレポート課題には、「〜を要約しなさい」という指示があります。正しい要約の仕方を説明します。
テキストの劣化版コピーから脱する方法
比較的易しいレポートの書き方です。
レポートにおける文学鑑賞
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
文献の「どこ」を引用するか
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
結論へのアプローチを定める方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
ネットの情報と文献を組み合わせる方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
考察の下準備
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
合格レポートを倍増させる思考法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの本は捨ててください
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート課題を自由自在に変える方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録