サスペンスドラマ

長期の学習にはきちんとしたマインドセットが必要。レポート、科目試験に対する姿勢とは。

レポートが不合格になる理由は、この世にたった2つしかありません。

 

「形式」か「内容」に問題があったためです。

 

形式とは、学術論文としてのレポートのルールです。一方、内容はレポートの内容そのものです。

 

このうちどちらかが不十分だと、レポートは不合格になります。ただ、どちらを先に学ぶかには、明確な答えがあります。

レポートは「形式」が重要

レポートというものは、いくら内容が正しくても、形式が整っていなければ受かりません。これは他の文章にはないレポート独自の特徴です。

 

例えば、科目試験では思いつくまま知識を列挙しても、基準量を網羅していれば合格となります。

 

一方レポートは、充分に調べて正しく記述しても、記述の方法次第では不合格となります。

 

このように形式と内容の2面性は、科目試験やスクーリングにはない、レポートだけの特徴と言えます。

 

ところが、多くの人は、なぜか形式を学ぼうとしません。形式を学ぶことを時間のロスと考え、目の前の単位に興味を持ちます。

 

ただ、このような考えでやっていたら、1年後には挫折しています。ノウハウ無き実践では、たまたまうまくいっても、次に活かすことはできません、そのため、その成功には大して意味がないのです。

 

慶應通信で失敗する人の共通点は、この「次に活かす」という思考が抜け落ちている事だと言えます。そういう人は、新しい科目に取り組む際、知識ゼロから積み重ねようとします。そのため、心理的な負担は相当大きくなります。

 

一方、成功する人は、今やっている勉強を次の科目へ活かすことを考えます。そうやって取った2単位には、大きな意味があります。

 

このようなわけで、特に入学して間もない人は、思い切って目の前の2単位を軽視してください。卒業という長期スパンの中で、他の重要な勉強を捨ててまで、そこに注力する価値があるかについて、真剣に考えてください。

 

それよりも、卒業まで活かせるノウハウを重視したほうが、成功する確率は飛躍的に高まります。それは、レポートのノウハウしかありません。

 

レポートの形式を学ぶことは、かえって時間の節約になるということです。

知識をレポートの形式に乗せる

例えば、私が予備知識のない、まったく初めての分野のレポートを書くとします。その際間違いなく言えることは、それがどんな分野のレポートであっても、半日あれば終わらせることができるという事です。

 

なぜこのようなことができるかと言うと、ちょっとしたコツがあるからです。そのコツを習得すれば、誰でも実践できるので、特別にカラクリを教えます。

 

それは、「文献を読みながら何を考えるか」に尽きます。

 

レポート初心者ほど、一生懸命文献を読みます。その結果、文献の世界に迷いこみ、レポートの世界へ出てくることができません。

 

一方、レポート上級者は、文献を読みながら必ず他の事を考えます。本の内容をインプットするのはもちろん、同時にどうアウトプットするかを考えているのです。「この部分を問いにして、全体を組み立てられないだろうか」といった要領で、文献にあたるわけです。

 

このようにレポートの完成形をイメージしながら、必要な情報だけを拾っていけば、完成までの時間をかなり短縮することができます。そのためには当然、レポートの形式を予め熟知しておく必要があります。

 

このようなわけで、最小限の知識と時間で十分な本論を展開できる人と、時間をかけたのに大切な部分を読み飛ばしてしまう人が分かれます。両者の違いは、とても大きいですが、その原因は、ほんの少しの思考の違いです。

関連ページ

レポートを学ぶ際の勉強の順序
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート完成までの基本3ステップ
慶應通信のレポートの作り方を一通り概観します。
レポートのストーリーの作成手順
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
アウトラインを必ず作る理由
合格するレポートに必須なアウトライン作成について説明します。
アウトラインの作り方
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
レポート課題の語尾が持つ意味
慶應通信のレポートは課題によって、説明型レポートと論述型レポートに分けられます。
「テキスト理解」とは何か
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートを上達させるテキスト批評という勉強法
テキスト批評という勉強法を紹介します。
テキスト批評をレポートへ活かす方法
テキスト批評のやり方を知っているとレポートにそのまま活かすことができます。
要約がはかどる一行要約とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
一行要約の実例
慶應通信のレポート課題には、「〜を要約しなさい」という指示があります。正しい要約の仕方を説明します。
テキストの劣化版コピーから脱する方法
比較的易しいレポートの書き方です。
レポートにおける文学鑑賞
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
文献の「どこ」を引用するか
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
結論へのアプローチを定める方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
ネットの情報と文献を組み合わせる方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
慶應通信で受かるレポートは全て同じ
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
考察の下準備
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
合格レポートを倍増させる思考法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポートの本は捨ててください
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
レポート課題を自由自在に変える方法
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録