サスペンスドラマ

授業は勉強ではない

集中しなければ意味がない

大学生にもなって授業を勉強だと思っている人がいます。

 

これは大間違いです。

 

授業に出て講義を聞くという行為は勉強のうちに入りません。理由は簡単で、何も頭に入っていないからです。

 

授業に対しての正しい認識は、「情報を仕入れる場」です。そのため、講義を一通り聞いた後で、自分にとって必要なことは何かを考えることが必要不可欠になります。

 

ここまでやれば勉強です。ところが、この「自分にとっての情報を整理する」という過程が抜け落ちている人は、レベルの低い学習しかできずに終えてしまいます。

 

授業は勉強ではなく、情報を仕入れる場です。このように考えることで、授業に一番大切なものに気付くことができます。

 

それは、集中力を高めることです。

 

どれだけの情報をインプットできるかという点において一番大切な力は集中力です。集中力が高ければそれだけ情報の吸収力も高まるからです。それでは、どうやって集中すればよいでしょうか。

 

その方法は簡単です。脳を集中したときと同じ状態にすればよいのです。

書くと集中する

「書く」という作業は、集中力と密接に関係しています。そのため、書く量を増やすと集中力も増します。これを最大限利用すると、次の勉強法が成立します。

 

・講義している人の話を全てメモする

 

これは私も実践しましたが、かなり効果的です。「講義内容をすべてメモする」という目標をもって授業に臨むのです。こういう話をすると、「メモするのが目的になってしまうのでは・・・?」と思うかもしれません。しかし、その心配はいりません。

 

なぜなら、手が文字を勝手に書くということはないからです。書く前に、必ず脳が指示を出します。つまり、ハイスピードで書くということは、頭もそれだけ高速回転しているということです。その結果、ものすごい集中力が上がって、理解も深まるというわけです。

分からないところがはっきりする

理解度が高くなると、分からないところが分かるようになります。しかし、不明点が出たからと言って落ち込んではいけません。むしろその逆で、それは理解への必須課程であり、非常に良い兆候なのです。

 

勉強で前進することを考えたとき、不明点こそ一番の収穫です。なぜなら、分かるところと分からないところがはっきりしているのは、理解度が一定量ある証拠だからです。したがって、不明点を得てようやく「勉強のスタート地点」に立ったわけです。あとは、不明点を乗り越えるように行動すれば良いのです。

 

そして、この「乗り越え」行為こそ本当の意味での勉強になります。「先生の話を聞くだけ」という行為とはかなりの違いがあることが分かります。こうして私が最初に話した、「授業は勉強ではない」ということを理解してもらえたと思います。

 

このように脳を集中したときと同じ状態にすると考えることで、最高の効率を持った勉強をすることができるようになります。次のスクーリングを利用してぜひこの方法をマスターしてください。

関連ページ

記憶のメカニズム
記憶とは何かについて説明します。
長期記憶の条件
暗記とは情報を長期記憶に入れることです。その条件ととエビングハウスの忘却実験について説明します。
覚えられる勉強法
効率的な勉強法について説明します。
スクーリングで10倍理解を深める方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
興味があれば、誰でも優秀
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
効率的な勉強の本当の意味
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
インプットとアウトプットのバランスの取り方
正しいマインドセットを持つことから始まります。
成果が出る法則
正しいマインドセットを持つことから始まります。
勉強の最初の一歩を起こす方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
正しい努力とは何か
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
動機づけ理論
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
卒業まで活かせるモチベーションの作り方
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
やる気はコントロールできる
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
アイデンティティとモチベーションの関係
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
レミニセンス現象
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
効率性が最低の勉強とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分散学習ができない人は慶應通信に向かない
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
一度の勉強で一生分の知識を作る
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録