サスペンスドラマ

予習と復習の本当の効果

授業は勉強ではない

勘違いしている人が多いですが、講義は勉強ではありません。あくまで情報を仕入れる場です。そのため質の高い講義態度とは、この「情報の仕入れ」がうまくいっている学習のことを言います。

 

講義で仕入れた情報を定着させるのが、本当の勉強です。ですから、定着の方に圧倒的多くの時間を使わなければなりません。

 

勉強で成果を出すためには、よく質(効率性)と量(勉強量)が比べられますが、まずは量をこなしてください。ある程度のレベルに達するまでは、室ではなく量という要素が欠かせません。

 

むしろ勉強の質を高めるのは、簡単です。予習をすればよいからです。

 

・予習は効率、復習は定着

 

予習は講義内容の吸収率を上げるのに対して、復習は定着させることを目的とします。このように両者は、学習上の意味がまったく違います。学習の目的を確認し、正しく使い分けましょう。

質を高める予習

予習とは、字のごとく「予め勉強する」ことです。それによって、講義内容の吸収率を高めることができます。巷で言うところの「効率性」はこれだけで十分なので、決して特別な手法は要りません。

 

効率性を高めるなら、きちんと予習を行ってから講義に出る習慣づけが大切です。毎日少しでも予習すれば、講義内での吸収率が最高になり、それゆえ効率的な勉強が可能になります。

 

これは、次の例を考えると理解できます。

 

あなたのところに急にボールが飛たとします。そのときにどうしますか?

 

普通は、よけるのに精いっぱいだと思います。

 

しかし、事前にボールの飛んでくる場所が分かっていたら、どうでしょう。もしボールが来ることが分かっていたら、予めそこにミットを構えておくことができます。気持ちの準備もできているので、しっかりと捕球することができます。

 

準備の重要性は、勉強にも当てはまります。予習するということは、新規の情報を補給するミットを構えるという事です。

 

どういう内容の勉強になるかが分かっているので、実力以上の理解力が発揮できます。100分なら100分、同じ講義で学習の質を高めたいなら、高額教材など買わずにこれだけを実践してください。

勉強とは復習である

復習とは、「反復して勉強する」ことです。そして反復とは、「繰り返し」という意味です。つまり、一度ではなく何度もやることに重要な意味があります。

 

・復習しなければ、すべてが崩れる

 

結局のところ、試験は用語や解き方をいかに多く覚えているかです。つまり定着です。先ほど講義は勉強ではないと言いましたが、そこで得た情報を自分の中にきちんと定着させるのが勉強です。

 

例えば、スクーリングでまったく復習しなかった場合、すべて覚えるのは試験前日です。そのときの勉強量は膨大です。1回1回の講義内容を見返すところから始め、それらを頭に入れなければなりません。

 

勉強の効率性とは、定着のしやすさで定義されます。つまりこの勉強方法は、どう考えても効率が悪いのです。それは毎回の講義の後に復習してこなかったことが原因です。

 

このようなわけで効率的な勉強とは、「復習」を指します。気を付けてほしいことは、一度では復習とは言わないという事です。時間を置いて何度も反復することで、初めて強い記憶が生まれるからです。(記憶のメカニズムについてはこちらのページもご覧ください)

関連ページ

記憶のメカニズム
記憶とは何かについて説明します。
長期記憶の条件
暗記とは情報を長期記憶に入れることです。その条件ととエビングハウスの忘却実験について説明します。
覚えられる勉強法
効率的な勉強法について説明します。
スクーリングの受け方
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
興味があれば、誰でも優秀
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
やる気をコントロールする方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
勉強の最初の一歩を起こす方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
動機づけ理論
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
インプットとアウトプットのバランスの取り方
正しいマインドセットを持つことから始まります。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録