サスペンスドラマ

集中力をつける方法

あなたは、特定の分野では天才です。これは間違いありません。

 

釣りの天才、株の天才、ゴルフの天才…私であれば、レポートの天才です。

 

どういう意味かと言うと、技術的に劇的にうまいというよりは、飽きもせずそのことを年中考えられるような才能の持ち主だという事です。こういった才能は、たった1つのことを持っているかどうかで決まります。

 

それは興味です。興味があるというだけで、当人の「知識量」「判断力」において最大限の能力を発揮します。

 

例えば、釣りに興味がある人がいるとします。その人はルアーの種類、魚の特徴を完璧に覚えますが、そのための努力はしていません。株に興味がある人も同じです。チャートを見るだけで何が買い時を当て、みごと儲けることができます。

 

このように興味があれば、人は何をやらせてもうまくこなす、超優秀な人材に変貌するのです。

 

しかしながら、こういった人たちに興味のない分野、例えば「歴史」を覚えさせたらどうなるでしょう。たった10個暗記するだけでも苦戦する可能性は十分にあります。まして、それら歴史的な位置づけは、説明されても理解できないかもしれません。

 

このように同じ人間でも分野が変わるだけで、無力な状態になってしまいます。つまり、優秀であるかどうかは、興味があるかと同義なのです。

 

興味があると、頭の働きがまったく変わるからです。具体的には、集中力が増し、記憶力が上がります。一般に暗記力は固定的な能力と思われていますが、それは間違いです。釣り興味がある人が魚を覚えられるように、無意識で行う脳の使い方の問題なのです。

関連ページ

記憶のメカニズム
記憶とは何かについて説明します。
長期記憶の条件
暗記とは情報を長期記憶に入れることです。その条件ととエビングハウスの忘却実験について説明します。
覚えられる勉強法
効率的な勉強法について説明します。
効率的な勉強の本当の意味
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
勉強の最初の一歩を起こす方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
動機づけ理論
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
やる気はコントロールできる
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
レミニセンス現象
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
効率性が最低の勉強とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分散学習ができない人は慶應通信に向かない
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
授業は勉強ではない
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
一度の勉強で一生分の知識を作る
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
科目試験のマインドセット
正しいマインドセットを持つことから始まります。
科目試験は毎回受けることが大切
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録