サスペンスドラマ

効率的な勉強とは、規則のメカニズムを重視した勉強のこと。暗記の質を最大限高める方法とは。

復習のタイミング

あなたが暗記できるかどうかは、非常にシンプルなルールがあります。それは、長期記憶の条件を満たす勉強を行っているかどうかです。

 

ある情報を暗記するという事は、長期記憶にすることと同義です。短期記憶で消滅する情報がほとんどのなか、どういう情報が長期記憶に入ることができるのかと言うと、次のルールがあります。

 

一定期間に何度も繰り返す

 

偏桃体を動かす

 

ある情報を短期記憶から長期記憶へ移動するには、この2点を満たさないといけません。

 

暗記に重要なことは、覚えることに時間を使うのではなく、思い出すことに時間を使う事です。例えば、教科書から知識をインプットするより、何度も問題を解き、知識をアウトプットしたほうが覚えることができます。

 

また、単純にアウトプットの回数だけで決まるのではありません。アウトプットのタイミングこそ、最も重要です。

 

復習までの時間によって、その価値は変わります。エビングハウスの忘却曲線によると、人はたった一時間で半分以上のことを忘れます。一日でなんと74%の情報が忘却の彼方にあります。

 

そして、復習とは忘れかけた情報を取り戻すために行うものです。完全に忘れてからでは、新しく勉強するのと変わりません。そのため、復習は暗記は記憶が弱まる前に行い、記憶を補強してあげることが重要なのです。

 

したがって、一時間後と翌日に復習するのでは1回の価値が違います。効率的に復習するために、次の事を守ってください。

 

その日のうちに復習をする

 

このシンプルなルールこそ、脳のメカニズムに沿った最強の勉強法です。たった一度の復習で、学んだことを何日間も覚えられるようになります。

 

時間を置けば置くほど暗記の効率性は下がるので、最初の復習だけはすぐに行うようにしてください。

必ずアウトプットする

続いて、「一定期間に何度も繰り返す」のうち、「何度も繰り返す」について説明します。

 

記憶には、インプットよりアウトプットが重要です。アウトプットしなければ、インプットできたかが分からないからです。

 

ただ、暗記が苦手な人ほど、この優先順位を逆に考えています。インプットにばかり時間を使い、覚えた気になってしまっているのです。

 

例えば、英単語帳をじっと眺めて、ページだけ進める人がいます。これは、インプットに最大限の時間を費やした勉強法です。

 

ただ、記憶は思い出す作業によって定着するので、赤シートで隠すなどして、何度もアウトプットしなければなりません。

 

こういったアウトプット中心の勉強こそ、効率的な暗記方法なのです。

興味があれば、誰でも優秀

このように言いましたが、そもそも最強の暗記法は興味を持つことです。

 

飽きもせずそのことを年中考えることができれば、いつの間にか覚えてしまっているからです。

 

例えば、釣りに興味がある人は、ルアーの種類や魚の特徴を完璧に覚えています。ただ、そのための努力や苦労は全くと言っていいほどしていません。また、株に興味がある人はチャートを見るだけで何が買い時を当て、みごと儲けることができます。

 

このように興味があれば、人は何をやらせてもうまくこなす、超優秀な人材に変貌します。単に暗記するだけでなく、その記憶を的確に使用することができるのです。

 

つまり、優秀であるかどうかは、興味があるかと同義です。

 

興味があるだけで、集中力が増して、記憶力が上がります。一般に暗記力は固定的な能力と思われていますが、それは間違いです。

 

釣りに興味がある人が苦労せず魚を見分けられるように、脳の使い方がまったく変わるのです。

関連ページ

記憶のメカニズム
記憶とは何かについて説明します。
長期記憶の条件
暗記とは情報を長期記憶に入れることです。その条件ととエビングハウスの忘却実験について説明します。
効率的な勉強の本当の意味
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
勉強の最初の一歩を起こす方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
行動を起こさせる「外発的動機づけ」
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
行動を継続させる「内発的動機づけ」
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
そもそもやる気ってなに?
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
レミニセンス現象
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
効率性が最低の勉強とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分散学習ができない人は慶應通信に向かない
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
授業は勉強ではない
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
一度の勉強で一生分の知識を作る
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
科目試験のマインドセット
正しいマインドセットを持つことから始まります。
科目試験は毎回受けることが大切
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録