サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは何よりも書き方が大切。進め方から仕上げ方までの情報を完全網羅!

慶應通信は卒業するまでにやるべき勉強がとても多いため、効率的に進めることが大切です。効率的な学習にはいくつも種類がありますが、根本的には、次の要素を必須とします。

 

・良い癖を身につける

 

あまり意識している人はいませんが、癖には良いものと悪いものがあります。

 

例えば、レポートを書く際、どのようにインプットするかというのも1つの癖です。サラッと通読して書き始める人もいますし、何か月もじっくり読んでから書き始める人もいます。

 

こういった無意識に行っているルーティンが、レポートの完成形に対してどのような影響を及ぼすかについて解説していきます。

 

・良い癖とは、基礎そのもの

 

勉強は、基礎から応用に向かって学ぶことが一番大切です。

 

当たり前に聞こえますが、多くの人は慶應通信の勉強になると、別人になってしまいます。どこかに近道はないかと探し、目の前の基礎を学ぶ時間をもったいないと感じます。

 

そして、実際に問題に突き当たったときに、初めて学び直す必要性を理解します。しかし、それを遠回りというのです。

 

そのため、本当に近道をしたいのであれば、基礎から応用に向かって進む以外方法はありません。基礎に忠実に勉強していけば、必ず良い癖が形成されます。

 

良い癖とは、以下のようなものです。

 

〇レポートのルールに忠実に書くこと

 

〇参考文献は履修要綱に指定されたものを使うこと

 

〇文献の内容を完全に理解すること

 

〇科目試験対策はきちんと時間をかけ、過去問を何度も解くこと

 

〇スクーリングはレポートに活かすことを考えること

 

言われてみれば当たり前の事ばかりですが、これらはすべて、安易に近道を考える人が最後まで行わないことです。ただ、こうして文章に起こすと分かりますが、これらが抜け落ちている人は決して成功しません。

 

反対に、この様な学習ができているだけで、失敗する可能性が大幅に減って、大きな成果を出し始めます。

 

・効率性への幻想

 

効率性というのは、楽する手段という意味ではありません。そのため、効率性の良し悪しの違いによって楽できる度合いは変わりません。

 

それでは何が違うかと言うと、きちんとした成果が出るかどうかです。

 

勉強に精通していない人ほど、勉強になめてかかります。そういう人は、世の中には素晴らしい勉強法があって、自分が成功できないのはそれを知らないからだと本気で思っています。

 

そして、その夢のような勉強法のことを(期待を込めて)「効率性」と言っているのです。

 

しかし、世の中にそういった意味での効率的な勉強はありません。本当の意味での効率性とは、きちんと努力した場合に、確かな成果が出る勉強を指します。

 

このように「きちんと努力すれば」という前提が、効率性を考える上で最大のポイントです。非効率な勉強法を取ってしまったら、どれだけ努力しても成果は出ないからです。

 

・効率性のバーゲンセール

 

私のサイトには、慶應通信に関する「効率性」が詰まっています。特にレポートに関しては、質量ともに最高レベルであり、まじめにやっている慶通生の間で知らない人はいません。

 

したがって、私のサイトからたった1つ、知識を取り入れるだけで、あなたのレポートが大きく前進することは間違いありません。

 

なぜこう断言できるかには、理由があります。

 

私自身の失敗を100%反映しているからです。そういった有益なノウハウを、最初にすべて享受できる恩恵は計り知れません。

 

・レポートの本は役に立ちません

 

私はサイトに書いているノウハウをすべて経験から学んだわけではありません。様々な試行錯誤をしながら、実際にはレポートの本も何十回と読みました。

 

色々な実践と照らし合わせ考えることで、ようやく本に書いてある内容を正しく解釈でき、慶應通信における「正解」が見えてきました。

 

ただ、こうしたレポートの本は、初心者が読んでも何も理解できません。実績のない状態で、本だけ読もうとするからです。

 

例えば、私がレポートの本に最も助けられた値千金のページがあります。

 

そのページは、他の人にとっては何の印象にも残らない、普通のページです。私自身、実際に試してみるまでその効力に気付かず、何年間も読み飛ばしていたくらいだからです。

 

それは、「問いの設定」というページです。

 

問いの設定とは、簡単に言えば、疑問文を作ることです。この疑問文を序論に明記するだけで、本論は疑問文を解決するように展開され、結論は問いの解答を書く場所になります。

 

つまり、たった一文が、中学生レベルの作文を慶通を攻略する「論述」にまで高めてくれるのです。

 

この「問いの設定」ですが、実はどの本を読んでも書いてあります。ただ、それにどんな効果があって、どれだけ重要かは決して読み取れません。
そのため、慶應通信のレポート課題にどう活かせばよいかも分かりません。

 

しかし、本来ならここが知りたいところです。レポートの本では、こういった事は決して分からないようになっているため、レポートの書き方を本から学ぶのはやめてください。

 

一方、私のサイトには、これだけやれば受かるという情報が網羅されています。そこで、効率的な勉強の答えを言ってしまうと、私のサイトを見ることがすべてです。

 

「効率的に学びたい」、「失敗したくない」と本気で思うなら、重要なことはすべて、私から学ぶようにしてください。

関連ページ

記憶のメカニズム
記憶とは何かについて説明します。
長期記憶の条件
暗記とは情報を長期記憶に入れることです。その条件ととエビングハウスの忘却実験について説明します。
覚えられる勉強法
効率的な勉強法について説明します。
スクーリングで10倍理解を深める方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
興味があれば、誰でも優秀
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
効率的な勉強の本当の意味
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
インプットとアウトプットのバランスの取り方
正しいマインドセットを持つことから始まります。
成果が出る法則
正しいマインドセットを持つことから始まります。
勉強の最初の一歩を起こす方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
正しい努力とは何か
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
動機づけ理論
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
卒業まで活かせるモチベーションの作り方
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
やる気はコントロールできる
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
アイデンティティとモチベーションの関係
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
レミニセンス現象
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録