サスペンスドラマ

慶應通信の科目試験対策は基本的には暗記。暗記できる勉強法とは。

卒業まで考えたとき、必要になるのは小手先のテクニックではありません。不屈のモチベーションです。モチベーションが弱ければ、どんなにいいものを持っていても意味がありません。

 

慶應通信において、最もモチベーションが必要になるものは、レポートの勉強です。そこで今回は、レポートのモチベーション管理について解説していきます。

 

・やる気は待ったらダメ

 

皆さんは、なかなかやる気が出ないからと言って、「このコーヒーを飲んだらやろう」などと、勉強を先延ばしにした経験はありませんか?

 

これは一番やってはいけないことです。モチベーションはやろうと思ったその瞬間を境として、どんどん下がっていくからです。今行動できないような人は、コーヒーを飲んだ後は、決して行動できません。

 

このようなわけで、「〜したら…しよう」は気休めにすぎず、自ら行動のハードルを上げていることと同じです。結局のところ、このようなことをする人は、根本的にモチベーションというものを捉え違えています。

 

・やる気と行動の順番

 

多くの人は、「やる気があるから行動する」と考えます。

 

しかし、これは間違いです。正しくは、行動するからやる気が出るのです。

 

例えば、あなたの目の前にレポートとパソコンがあるとします。このとき、多くの人は「(やらなくちゃな…)」と思いつつも、「今日は疲れているから明日にしよう」と、何らかの理由を付けて取りかかろうとしません。

 

しかし、そこで一度立ち止まってほしいのですが、やる気が最低を記録したのは、そう思ったその時だけだという事です。

 

つまり、実際に取り組めばやる気は上がるしかないのに、わざわざ最低レベルをキープして床に就くのです。そのため、次の日になっても決してやる気は起きません。

 

・一生懸命やらないと楽しくない

 

レポートのやる気は、実際にレポートに取り組むことで湧いてきます。

 

人は「楽しい」事をしたがります。人によって何が「楽しい」かは異なりますが、この感情を得るためなら、人はどんな行動でも起こします。

 

つまり、「楽しい」と思う感情こそ、最強のモチベーションなのです。このようにモチベーションの中心には、自分の感情がないといけません。

 

よく慶應通信には、他者からやる気をあやかろうとする人がいます。私に言わせれば、「あやかれるものならあやかってみろ」と思うのですが、実際にこれは100%不可能です。

 

例えば、慶友会の勉強会に参加して、「周りが頑張っている」ことに感銘を受けたとします。確かにこのようなことがあると、一時的にモチベーションが上がります。

 

しかし、断言します。それは線香花火のような、ほんの「一瞬」の儚い感情です。そのため、帰り道にはきれいさっぱりと、いつものあなたに戻っています。

 

これはモチベーションの中心に、あなた自身の行動が存在しないためです。

 

・レポートを書く→勝手にやる気が上がる

 

本当のやる気とは、至極シンプルです。あなたが今日まで書いたレポートの想い出が、あなたを動かす原動力になるからです。

 

したがって、本当のやる気とは、一気に芽生えることはありません。長い時間をかけて、実際に行動するうちに「じわじわ」やる気が湧いてきます。

 

こういった「じわじわ」湧いてくる感情は、あなたの中から簡単にはなくなりません。そのため、これを獲得できれば、少なくとも自分の中には敵はいません。恐がることなく、全力で慶應通信に立ち向かうことができます。

 

長期スパンの学習を制すためには、こういった「質の良いやる気」だけを追求する必要があります。

 

そこで、あなたのやるべきことは、「レポートを実際に書くこと」、この1点です。たったこれだけで慶應通信のすべては上手くいくため、皆さんはぜひ行動を起こしてください。

関連ページ

記憶のメカニズム
記憶とは何かについて説明します。
長期記憶の条件
暗記とは情報を長期記憶に入れることです。その条件ととエビングハウスの忘却実験について説明します。
覚えられる勉強法
効率的な勉強法について説明します。
スクーリングで10倍理解を深める方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
興味があれば、誰でも優秀
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
効率的な勉強の本当の意味
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
インプットとアウトプットのバランスの取り方
正しいマインドセットを持つことから始まります。
成果が出る法則
正しいマインドセットを持つことから始まります。
勉強の最初の一歩を起こす方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
正しい努力とは何か
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
動機づけ理論
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
卒業まで活かせるモチベーションの作り方
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
アイデンティティとモチベーションの関係
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
レミニセンス現象
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
効率性が最低の勉強とは
慶應通信で合格するレポートの書き方を教えます。
分散学習ができない人は慶應通信に向かない
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
授業は勉強ではない
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
一度の勉強で一生分の知識を作る
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録