サスペンスドラマ

慶應義塾大学の通信教育課程の卒業生が自身の体験をもとに、慶應通信で入学から卒業までに必要なことをすべて教えるポータルサイト。レポートや科目試験に合格する方法も指導します。慶應通信以外の通信教育過程の方も必見です。

成果への幻想

慶應通信を卒業するために一番重要なことは、毎日行動することです。つまり、努力の継続です。

 

このとき必要な考え方は、根性論ではありません。確かにやる気の源泉は、その人の持つエネルギーの量で決まります。

 

しかし、エネルギーがあるからと言って、誰でも彼でも努力できるかと言うとそうではありません。エネルギーを活用するには、ある知識が必要です。

 

多くの人は、ガムシャラに努力することを美徳と考えています。その一方で、どれくらいの努力でどれくらいの成果が出るかには、あまり関心を持ちません。

 

しかし、それはとても恐いことです。実際の成果の出方は、多くの人が予想するものと全く異なるからです。

 

そのため、無理なく長期的に努力するには、努力と成果の関係を把握することが大切です。

 

この法則をまとめたものを「レミニセンス現象」と呼びます。

 

レミニセンス現象の特徴は、次の2点にまとめられます。

 

・努力に即効性はない

 

・努力と成果は絶対に比例しない

 

どんなに努力しても、成果は遅れて出ます。これは超重要な真理です。なぜなら人はすぐに結果を求めようとするので、成果が出る前に諦めてしまうからです。

 

成果が出るのにどれだけの時間が必要かと言うと、最低でも3ヶ月間と言われています。レポートのように複雑なものなら、この期間はさらに伸びます。

 

レポートの場合、指導者の下で毎日努力しても、完全にマスターするまでに1年はかかります。なぜこれほどの時間がかかるかと言うと、人間は新規の情報に弱いためです。

 

初めての人に会ったときに「人見知り」を起こすのと同じで、変えようのない脳のメカニズムと言えます。そのため、時間短縮は諦めてください。

 

次に、「努力と成果は絶対に比例しない」について説明していきます。

 

上述したように短期的には非効率な努力ですが、長期的に継続すれば効率的に変わっていきます。

 

つまり、同じ人間であっても、努力していくうちに効率性が変化していきます。これが努力と成果の関係の本質であり、2次関数のグラフの様に、時間とともに次第に増加量が増えていくと考えてください。

 

したがって、ある程度長期間努力を続ければ、少しの努力で大きな成果を出せるようになります。それをコツを掴むとか、理解が追いつくなどと言ったりしますが、そこまで来たらこちらのものです。

 

頑張っていれば、あなたにもこの感覚を味わう瞬間は必ず訪れます。合格するパターンや感覚が分かってしまえば、以前の半分ほどの努力で、すべて合格できます。

 

今回はひとまず、努力と成果の関係について大まかなイメージを掴んでください。

 

それは、努力は短期的には非効率だが、長期的には効率化するという性質です。

スキルアップのサインとは

努力と成果の関係をレミニセンス現象といいます。レミニセンス現象の特徴として、努力には何の成果も出ない期間が、長く続きます。

 

その期間は3ヶ月以上であり、それだけ長く続けば、不安になるのは当たり前のことです。実際、この時期の努力は、「我慢」という言葉が最もよく当てはまります。

 

そこで今回は、停滞期に我慢する方法について説明していきます。

 

停滞期、つまりレミニセンス現象が現れるタイミングは、決まっています。

 

スキルアップの直前です。

 

これは勉強だけでなく、スポーツにも当てはまります。

 

スランプに苦しむアスリートは、数か月後に調子を取り戻す際、明らかに以前よりスキルアップしています。これは技術が向上した結果、次のステップに差し掛かり、そのための準備期間が不調として現れていたためです。

 

このようにレミニセンス現象は、スキルアップの前兆であり、実は大変喜ばしいことなのです。

 

勉強の場合は、今までうまくいっていた方法が、ある日突然使えなくなってしまうことがあります。これは自分のレベルが上がった結果、よりレベルの高い科目に突き当たるという、ある意味必然的な結果です。

 

ところが厄介なことに、その科目を一から勉強している間は、スムーズに成果が現れるどころか、むしろ後退しているようにさえ感じます。

 

しかし、それは決して後退しているのではなく、レミニセンス現象の中にいるということを認識して下さい。

 

結局のところ、こういった挫折の繰り返しの中でしか、スキルアップはあり得ません。成功する未来を信じ、努力を重ねるしか方法はないのです。

 

これを我慢取ったのですが、今のあなたはこれに耐えうる武器を持っています。

 

それは、レミ二センス現象の知識です。

 

勉強には我慢の時期があること、またそれは、レベルアップのチャンスであることを前もって知っていれば、自分の状況を客観的に見ることができます。その結果、勿体ない挫折から自分自身を守ることができます。

 

人間には誰でも波があります。ただその波の影響を軽減することはできるので、こういった知識も知っておくと良いでしょう。

関連ページ

記憶のメカニズム
記憶とは何かについて説明します。
長期記憶の条件
暗記とは情報を長期記憶に入れることです。その条件ととエビングハウスの忘却実験について説明します。
覚えられる勉強法
効率的な勉強法について説明します。
スクーリングの受け方
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
興味があれば、誰でも優秀
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
効率的な勉強の本当の意味
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
インプットとアウトプットのバランスの取り方
正しいマインドセットを持つことから始まります。
成果が出る法則
正しいマインドセットを持つことから始まります。
勉強の最初の一歩を起こす方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
正しい努力とは何か
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
動機づけ理論
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
やる気をコントロールする方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録