サスペンスドラマ

慶應通信の科目試験対策は基本的には暗記。暗記できる勉強法とは。

1年目に口にしてはいけない言葉

よく効率的な勉強法や受かりやすい科目を聞いてくる人がいます。そのような人に対して思うのは、慶應通信を卒業する上でこれらはまったく意味がないという事です。

 

仮に効率的な方法によって受かりやすい科目をバンバン取ったとしても、次に待つのは受かりにくい科目だけです。そこでは当然、同じ方法は通用しません。

 

このようなわけで、卒業までを俯瞰した場合、小手先のテクニックに走るのは時間の無駄です。何の個性もなしに「効率性、効率性!」と言うのではなく、あなただけは慶應通信を卒業するための本質を把握してください。

 

慶應通信の卒業には、本質があります。それは「成功するまで諦めない」という不屈のモチベーションです。

 

なぜならあなたの成功を妨げる人は、世界中にたった1人しかいないからです。あなた自身の諦めです。実際に慶應通信を諦めたすべての人は、自分から勝負を降りたことが原因です。それ以外に理由はありません。

 

このようなわけで、卒業する上で最も重要なことは、小手先のテクニックではありません。成功するまで諦めないモチベーションです。成功するまで諦めなければ、成功するしかありません。

 

そこで、モチベーションの基本原理について説明していきます。

行動すればやる気が出る

モチベーション(やる気)については様々な研究がされていますが、ここではモチベーションの性質について説明します。より包括的な知識がほしい人は、こちらのページをご覧ください。

 

やるべきことを前にして、何もせずじっとしていると、モチベーションはどんどん下がります。失敗する人の共通点は、やる前から色々なことを考え、100%理解してから行動しようとすることです。

 

しかしながら、行動がない時点でモチベーションは下がるしかありません。そのため、「やる気が出たら、勉強しよう」という思考は、絶対に成功しない考え方だという事を把握してください。

 

勉強に限りませんが、「やる気が出たら〜しよう」という淡い期待を抱いてしまう最大の理由は、モチベーションの本質を理解していないことだと言えます。これを理解することで、正しい方法で質の高いモチベーションを起こすことができます。

 

それは、行動すればやる気が出るというシンプルなルールを守ることだと言えます。多くの人は、「やる気があるから行動する」と考えますが、それは間違いです。真実は、「行動するからやる気が出る」です。まずは、この本質を理解してください。

 

その理由を言うと、人はメリットで動く生き物だからです。メリットの最も単純なものは、「楽しい」という感情です。感情は自分自身の行動を通じてのみ湧きあがるので、他人からあやかることはできません。
当たり前のことを言っているようですが、慶應通信の多くの人は、平気でこれを行っています。このことについて説明します。

良質なやる気だけを起こす

モチベーションを高めることを考えたとき、「自分の行動」という要素は必須です。なかには、自分は一切動かずに、自分以外の要素からモチベーションを高めようとする人がいます。頑張っている人の輪の中に入ったり、講義とあれば考えなしに参加する人です。

 

確かに頑張っている人と触れ合えば、多少モチベーションが高まった気になります。しかしながら、本人のやる気は本質的に何も変わっていないため、そのやる気はその場限りの「一瞬」のものと言えます。

 

例えば、ある程度真面目な人であれば、スクーリングで毎日大学に通って講義を受けているうちに、「これからはサボらず頑張ろう!」と一大決心をすると思います。これまでの生活を反省し、一年後別人のような自分になろうと強い決心をします。

 

しかし残念ながら、このようなことは心理学的に不可能です。もちろんその通りになれば一番良いのですが、スクーリングが終わると同時に、決意も終わるようできています。

 

その理由を説明すると、講義という勉強スタイルには、主体的な行動が欠如しているからです。「自分の行動」という本質的な要素が抜け落ちているため、そこで生まれたモチベーションは弱く脆いものになります。

 

ここまでの内容をまとめると、やる気を起こすには、次の2つを守れば良いことが分かります。

 

・やる気を待ってはいけない

 

・主体的な行動を起こす

 

これらの法則を慶應通信の勉強へ適用すると、次の必勝法が浮上します。

 

レポートを書く→勝手にやる気が上がる

 

実際に行動すると分かりますが、最初の1歩が一番難しいです。最初の1歩の心理的抵抗を10とすると、2歩目は3もありません。さらに我慢して行動を続ければ、やがてあなたの内面から「じわじわ」とやる気が湧いてきます。スクーリングなどで湧いたやる気は一瞬で消えますが、こういったやる気は簡単にはあなたの中から消えることはありません。多少の苦境にはビクともしな粘り強いものになります。

 

今「粘り強い」と言いましたが、やる気とは本来このようなものでなければいけません。弱く脆いモチベーションなど、実践に活かすことができないため意味がありません。このような話を聞いたうえで、あなたはどちらのモチベーションを手に入れたいかという話になります。

 

簡易的なモチベーションであれば、他者からあやかることができます。スクーリングに参加したり慶友会に入会するだけで、簡単に手に入ります。

 

しかし、それが卒業するまで活かせるものかどうかは、すぐに分かると思います。それなら最初から良質なモチベーションだけを持って、卒業まで生かした方が良いと思います。その方法はメルマガ内で詳しく説明していますので、こちらのページから学んでください。

 

失敗する人は、行動する前に悩みます。何から始めたらよいかと考えますが、この時点ではその答えは出ません。だから行動できません。

 

反対に成功する人は、行動を起こした後で頭を使います。どうすれば行動の質を上げることができるかを本気で考え、さらに行動します。

 

たったこれだけの思考の違いで、あなたが将来慶應卒になれるかどうかが決まります。難しいことを考える暇があったら、今すぐ行動してください。

関連ページ

記憶のメカニズム
記憶とは何かについて説明します。
長期記憶の条件
暗記とは情報を長期記憶に入れることです。その条件ととエビングハウスの忘却実験について説明します。
覚えられる勉強法
効率的な勉強法について説明します。
スクーリングの受け方
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
興味があれば、誰でも優秀
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
勉強の最初の一歩を起こす方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
動機づけ理論
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
効率的な勉強の本当の意味
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
インプットとアウトプットのバランスの取り方
正しいマインドセットを持つことから始まります。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録