サスペンスドラマ

長期の学習にはきちんとしたマインドセットが必要。レポート、科目試験に対する姿勢とは。

勉強には大きく分けて、2つの過程があります。

 

1つは知識を取り入れるインプットという過程で、もう1つは知識を書きだすアウトプットという過程です。このうちどちらか一つ欠けていると、充分な成果を出すことができません、これは心理学から明らかになっています。今回は、この理論を慶應通信にあてはめて考えていきたいと思います。

 

新規のレポートを書く際、知識0の状態から始めることになるので、とにかく文献を理解する時間が重要です。

 

そして普通はこの段階で行き詰ってしまいます。文献内容が理解できないからです。慶應通信の文献は、1つ1つの用語が難しいため、なかなか内容が理解できません。

 

文章の意味を把握するには、一文一文の意味を理解しなければなりません。そしてすべての文は、読み手のバックグラウンドによって意味合いが変わってきます。

 

そのため、とにかく何度も読み返し、自分の解釈を作ることが求められます。かなり真剣に取り組まない限り、こういったインプットすらできないのです。

 

一方アウトプットは、レポートを実際に書くことが該当します。当然インプットが完璧でないとできません。インプットが不十分のまま書き始めると、必ずどこかで詰まってしまうからです。

 

このようなわけで、アウトプット1に対して、インプットは3必要になります。一本のレポートを書くために、3冊の文献をそれぞれ3回ずつ読むようにして下さい。

 

実際のところ、こうしたインプットは、時間さえかければ誰でもできます。ただ、それができる人はほとんどいません。ここにレポートが難しい一因があります。

 

よくある失敗例は、文献を読みながらレポートを書くというものです。そういう人にレポートの内容を聞いてみると、自分でも何を書いているか分からないと言います。

 

しかしこれでは、提出する前から不合格が目に見えています。読みながら書くというのは、あなたは絶対にやらないようにしてください。まずはペンを置いて徹底的にインプットをする、これが基本です。

 

ただ、レポート上級者になるとこの限りではありません。

 

・アウトプットを想定してインプットする

 

何をどのように書くかが決まっていれば、効率的にインプットができます。インプットを限定するなど、アウトプットを意識した読み方が可能になります。

 

この方法は速読術に通じており、上手に使えば多大にレポートに活かすことができます。インプットにかける時間と労力を減らし、その分をアウトプットに充てられるからです。

 

このような勉強が可能になると、インプットとアウトプットに一週間ずつかけ、二週間で一本のレポートを終わらせることができます。?このペースを死守することで、3ヶ月で6科目のレポートを提出することが可能になります。

 

実際にこれを行い、圧倒的な成果を出した生徒様がいます。指導実績はこちら

関連ページ

記憶のメカニズム
記憶とは何かについて説明します。
長期記憶の条件
暗記とは情報を長期記憶に入れることです。その条件ととエビングハウスの忘却実験について説明します。
覚えられる勉強法
効率的な勉強法について説明します。
スクーリングの受け方
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
興味があれば、誰でも優秀
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
やる気をコントロールする方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
勉強の最初の一歩を起こす方法
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
動機づけ理論
科目試験の対策法は基本的には暗記です。暗記の仕組みや記憶のメカニズムを活かした勉強法を教えます。
効率的な勉強の本当の意味
慶應義塾通信教育課程の卒業生が教える、大学の通信教育過程のレポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録