サスペンスドラマ

慶應通信を最短卒業するなら最初にレポートの書き方を学ばないと無理。その理由とは。

あなたは「卒論ノート」という存在を知っていますか。

 

卒論ノートとは、卒論指導生のみが持つノートであり、卒業に関わる重要なノートです。特に普通課程では、かなり努力しないと取得できないので、これを手にした時点で卒業は時間の問題になります。

 

今回は、すべての慶通生の目標である「卒業」に向けた学習の流れを解説していきます。

 

卒業所要単位では、総合教育科目(外国語・体育・3分野)と専門科目(所属学部・所属類)から116単位を取得し、さらに卒論8単位を取る必要があります。116単位の内訳は、テキストとスクーリングを単純に合計するのではなく、それぞれ上限や下限があります。

 

卒業所要単位の計算はかなり細かいルールがあるので、手あたり次第に単位を取っていった結果、必要な単位が足りず、無駄な単位が余ることはしばしばあります。

理想的な学習計画

卒論指導登録までの計画を立てましょう。

 

最初は、「保健衛生」・「英語1」・「英語2」から始めてください。

 

これらの科目は、レポートというより、答えさえあっていれば合格できるワークのようなものです。入学後、真っ先に取り組み、その後は比較的簡単なレポートから勉強を始めます。

 

次に、3分野科目を「2科目以上6単位以上のルール」に気を付けてクリアします。この場合の2科目とは、テキスト・スクーリングを問わず、科目名が同じでも別科目としてカウントされます。

 

例えば、スクーリングの「地学」(2単位)とテキストの「地学」(4単位)を取ることで、2科目以上6単位以上を満たし、自然科学分野を
抑えることができます。

 

こうして3分野ともつぶしていくわけですが、気を付けたいことは、総合教育科目が終わるまでは、専門科目には手を出さないことです。

 

総合科目と専門科目では、レポートがまるで別物だからです。そういった意味で、学士入学の方はいきなり専門科目から始めないといけないため、逆にキツいとさえ思います。

 

どう違うかと言うと、簡単に言えば説明と論述の違いです。

 

例えば、「〜について説明しなさい」というレポート課題では、課題自体が設問なので、自分で問いを立てる必要はありません。しかし、「テキストの・・・について自由に論じなさい」という課題では、テーマ設定と設問を自分で行う必要があります。

 

前者は総合教育科目に多い説明型レポートであり、後者は専門科目に多い論述型レポートとなります。

 

つまり、これらを同時に履修するというのは、人の2倍勉強しないといけないので、非効率な勉強となることは容易に想像がつくと思います。

 

このようなわけで、まずは総合教育科目でレポートに慣れ、その後専門科目に移行するのがベストです。

 

次に、専門科目だけの注意点を教えます。

科目試験問題を見てから、レポートを決める

レポート課題だけを見てレポートに取り組んではいけません。仮にレポートが受かっても、科目試験が受からなければレポートを書いた意味がないからです。

 

慶應通信には、科目試験が絶対に受からない、いわゆる「地雷科目」が存在します。

 

「レポートは受かったが、試験が何年も受からない・・・」

 

このような地雷科目に手を出してしまうと、せっかくのレポートの合格が無駄になってしまいます。総合科目と違って専門科目では、選択の自由度が大きいため、最初に科目試験内容をチェックして、科目試験対策まで考えて履修するか決めてください。

卒論登録のベストな時期とは

 

・専門科目のオアシス

 

60単位から100単位は、慶應通信の魔境です。一本一本が鬼のように難しいので、何を選んでも本気で勉強しないと受かりません。

 

そんななか、科目試験にテキストを持ち込める科目があります。これを「持ち込み可の科目」と言います。

 

実際のところ、持ち込み可の科目は、レポート課題の難易度に関係なく履修すべきと言えます。実質レポートのみで単位が取れるため、ほかの科目に比べて労力が半分で済むからです。

 

例えば、科目試験で5科目受験するとしてもそのうち2科目が持ち込み可の科目の場合、実質3科目しか対策する必要がありません。その分の時間を持ち込めない科目に費やせるので、全科目合格も普通に狙えます。

 

80単位に到達したら、卒論登録の時期が来たと思ってよいです。

 

一応、40単位から登録はできるのですが、はっきり言って時期尚早です。専門科目と両立しなければならないため、早く卒論登録したばかりに、かえって卒業時期が伸びてしまうことがあるからです。

 

卒論について少しだけお話しすると、テーマ選びに失敗すると終わります。身の回りに実験環境がなく、オリジナルのデータが取れないために、5年も6年も卒論を書き続けている人はザラにいます。

 

このような理由で、卒論は「満を持して」取り組むのがベストです。

 

私の場合は、100単位を過ぎ、自分の得意分野がはっきりした頃に卒論を始めたので、初指導からわずか1年間で提出できました。

 

1年というのは、卒論においてこれ以上ないスピードなので、卒業時期をある程度計算したいという人は、公式からでなく私から学んでください。

 

ただ今回、皆さんに覚えておいてほしいことは、卒論登録までたどり着いた人は、最終的には卒業できるという現実です。もちろん、何年かかるかは人ぞれぞれですが、「卒論登録をしたのに卒業できない」という事は、本人が勝手に諦める以外起こりません。

 

このようなわけで、あなたは「卒論ノートをもらう」という目標だけを持って頑張れば良いのです。そして、メルマガ会員だけに公開している卒論ノートを確実に手にする方法があるので、こちらからご登録下さい。

 

卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

最短卒業は可能か?
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
普通課程の最短卒業プラン
慶應通信のとl特別課程の人が3年卒業する方法を紹介します。
特別課程の最短卒業プラン
慶應通信のとl特別課程の人が3年卒業する方法を紹介します。
卒業マップ
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
4年卒業のマインドセット
慶應通信の最短卒業を目指すページです。
卒業までには3つのことを勉強すれば良い
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録