サスペンスドラマ

慶應通信を最短卒業するなら最初にレポートの書き方を学ばないと無理。その理由とは。

慶應通信で最も効率的な勉強は決まっています。それは以下のように進めることです。

 

1年目:大学教育の目的、レポートの形式、科目試験対策の方法を学ぶ

 

2年目:テキスト批評の仕方、参考文献の使い方、説明型レポートの書き方を学ぶ

 

3年目:学問の概念、考察の加え方、論述型レポートの書き方を学ぶ

 

4年目以降:卒論

 

このページでは慶通生が陥りがちな罠を挙げつつ、卒業までのマインドセットを説明していきます。

1年目

失敗する人の共通点は、1年目の目標を単位数で設定することです。もちろん目標とする単位を持つこと自体は良いのですが、そのためにどうするかという思考が抜け落ちていたら、その数字にはまったくもって意味がありません。

 

多くの場合は120単位を4年で割って、年間30単位を目標にします。失敗する人や挫折する人はこのように考えます。

 

そうではなく、「今年中にテキストで何単位、スクーリングで何単位、そのためにはいつまでにレポートを出して・・・」と考えれば、ようやくその数字にも意味が出てきます。

 

とは言え、やはり1年目はこういった数字より、表に現れにくい思考を習得する方が重要です。思考と言っても難しいものではなく、慶應通信の年間スケジュールやレポートや科目試験の受験方法などごく基本的な事で良いのです。

 

なぜわざわざこんなことを言うかと言うと、こういった基本をないがしろにする人が本当に多いからです。そういう人は、結局何も得られないまま2年目に突入してしまうので、1年目は次の目標に向けて1点集中してください。

 

それは、単位ではなく基礎の習得です。これだけで十分です。

 

基礎とは次のような事も含みます。

 

「レポートの書き方」を学んだか

 

「テキスト履修要項」を読む癖をつけたか

 

きちんと文献を読むという習慣をつけたか

 

これらは卒業する人なら全員が行う基本中の基本ですが、多くの人は誇張抜きに5年経っても10年経っても身についていません。それは学ぶ時期を逃したためであり、単なる数字という目標の裏で、非効率な勉強をし続けた結果なのです。

 

そのため在籍すればするほど、卒業率は下がるのです。これって怖くないですか?

 

慶應通信で成功するためには、長期的な視点を持って勉強をしないといけません。このように考えれば、目先の単位よりも基礎を学ぶ方が重要性だという事が理解できると思います。

2年目

1年目と違って、2年目は単位に対してシビアになってください。具体的な数字の目標を持ち、それに何としても間に合わせて下さい。最低でも総合教育科目は終わらせないと、高い確率で10年コースに突入してしまいます。

 

慶應通信では2年目に加速できないと、その後さらに勢いを失います。今後は専門教育科目→卒論と、難易度は上がるしかないので、気持ちが高まっていないと「停滞」への黄色信号がともるのです。

 

とは言え、総合教育科目はそこまで簡単なわけではありません。人ぞれぞれ苦手な科目もありますし、どう進めたら良いか分からないこともあります。しかし、やり方が分からないからと言って、専門科目に手を出すことだけはやめてください。

 

専門科目は論述形式なので、総合科目とは時期を分けて学ぶべきです。課題が簡単そうかどうかではなく、論述と説明では全く違う勉強なので、明確な線引きをしなければなりません。

 

かくゆう私は、下手に専門科目に手を出して失敗した1人です。その結果、説明と論述がゴッチャになり、レポートの理解がはなはだ遅れました。また総合教育科目を後回しにしていことで今度は卒論登録が遅れ、結果的に2年間のロスとなりました。

 

そのため皆さんには、2年目こそ、きちんとした順序で学んでほしいと思います。

 

最もスマートな学び方は「総合教育科目→専門教育科目」です。この順序で学べば、あらゆる点で無駄が一切ないという事を理解してください。

 

説明型レポートを書きまくり、総合教育科目を終わらせることだけに集中してほしいと思います。

3年目

3年目の大きな目標は「論述」をマスターすることと100単位到達です。ただ実際には両者は関連しているので、両方同時に達成することがほとんどです。ただそれが10年後なのか、3年目なのかの違いは大きいです。

 

論述について簡単に説明すると、問いを立て、考察を加えることで答えを出すことを目的とした文章です。このように学んで問う事から、本格的に「学問」へ突入していくのが3年目なのです。

 

慶應通信では40単位以前と60単位以降では、何もかもが変わります。実際に2年間で60単位取れた人が、その後5年間でまったく単位が取れないことは普通にあります。

 

これを抜け出すのがだいたい100単位です。100単位に乗れば、論述をマスターした証拠なので、その時点で卒業は99%できます。

 

非常にしんどい日々が続きますが、ここで踏ん張れば、あなたは慶通では別格になれます。問題はどうやって踏ん張るかですね。

 

この答えは決まっています。

 

それは、「大学教育の目的」に照らし合わせ、常にこれに沿った勉強をすることです。信じられないかもしれませんが、この中にすべての答えがあります。あなたに足りないものをすべて思い出させてくれるはずです。

 

だから大学教育の目的を把握することは重要なのです。まだ学んでいない人は、こちらのページから今すぐ学んでください。

 

こちらはメルマガ内で詳しく解説していることなので、こちらから登録して学んでください。卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

4年目

卒業するというのは、慶應が定める規定をすべて満たしたという事です。当たり前ですが、1つでもやり残しがあったら卒業できません。そのため、ある年度内にこのやり残しをゼロにした人だけが、卒業できるということになります。

 

わざわざ「年度内」と書いたのには理由があって、期限はあなたが決められることではないからです。「卒業=卒業許可をもらう」ことなので、狙った年に卒業するという事は実は非常に難しいのです。

 

要するに、卒業自体は実力があればできるが、それがいつになるかは分からないということになります。

 

実際に卒論指導期間は、指導教授によって1年〜10年と大きな幅があります。私の場合は1年で卒論を終えましたが、もし違う教授にあたっていたらどうなっていたか分かりません。

 

とは言え、このような運要素に対して対策がないわけではありません。

 

・教授のリサーチ→長い人を選ばない

 

・卒論でやりたいことを明確にする→テーマを絞れば絞るほど卒論は書きやすくなる

 

・毎日行動する→半年に一度の指導を無駄にしない

 

などが挙げられます。

 

さすがにこれらをすべてやって、それでも5年もかかるなんてことはあり得ません。遅い人はちんたらやっているか、最初の一歩に問題があったのです。

 

反対に卒論が早い人は、必ず上記のどれかはやっています。私の場合、リサーチはしませんでしたが、それ以外は本当に頑張ったと言えるほどやりこみました。

 

このように、決まった年に卒業するためにある程度できることはあります。卒論提出には相手があるという点で運が重要と言っただけなので、早く卒業したいならあなた自身のの努力が大前提です。

 

4年卒業に興味のある方はこちらのページもご覧になってください。

関連ページ

最短卒業は可能か?
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
普通課程の最短卒業プラン
慶應通信のとl特別課程の人が3年卒業する方法を紹介します。
特別課程の最短卒業プラン
慶應通信のとl特別課程の人が3年卒業する方法を紹介します。
卒業マップ
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録