サスペンスドラマ

良い仲間を作る意義

通信は孤独か

通信というと、「孤独」「独学」といったイメージがあるかと思いますが、実際には人との繋がりはかなり存在します。入学から卒業までずっと一人で勉強したという人は皆無でしょう。

 

実際のところ、孤独という感情は物理的にも心理的にも障壁になります。決して人からアドバイスをもらうということが重要なのでなく、気持ちを共有する仲間がいるということが心の支えになるからです。ですから、在籍時に良い仲間をどれだける作れるか、これがとても大切になります。

 

私は慶應通信にいた6年間で様々な出会いがありました。多くの人との出会いがあったからこそ卒業まで頑張れたと思っています。そこで、慶應通信における出会いの影響力について、お話しさせていただきます。

 

通信には純粋な学生の他、主婦、会社員、経営者など様々な身分の生徒が混在しています。そのため普通の学生では聞けない貴重な話がたくさん聞けます。私は彼らから、勉強について、仕事について、自分の知らない世界についていろいろ聞かせてもらいました。

 

もちろん良いことばかりではなく、時にはネガティブな情報だってあります。やる気を削ぐような話もされたことがあります。

 

しかしながら、それは1つのものの見方です。何もないところからはエネルギーは生まれませんが、人との出会いはすべて卒業へのエネルギーに変換することが可能です。

通信での出会い

スクーリングは仲間作りの絶好の機会です。年に1度しかない機会なので、当たって砕けろ精神で積極的に人に声をかけることをお勧めします。

 

実際ほとんどの人は、快く返事してくれます。そしてその出会いが新たな出会いを作り、今後の特別な出会いに繋がります。大教室の講義だと少し話しかけづらいという場合は、体育や実験スクーリングなどグループ学習が良いでしょう。このような意味もあって、初年度のスクーリングでは、体育実技と実験スクーリングを受講することをお勧めします。

 

もう1つの方法として、慶友会を利用するといった手があります。慶友会は公式コミュニティですので、誰かが必ず話しかけてくれます。強制的に仲間ができますので、この方法でも良いと思います。

 

結局のところ、仲間づくりで重要なことは、いい影響を与えてくれるような人を見つけられるかどうかです。

 

実際にスクーリングでは、本気で卒業を目指している人とまったく勉強していない人が混在しています。入学後すぐであれば、どんどん人脈を広げていってもメリットはありますが、ある程度慶應通信のことが分かってきたら、自分より進んでいる人との付き合いを大事にした方が良いです。

 

そういう出会いは、自分の知らないことを教えてくれるので、とても良い刺激になります。また聞くだけではなく、自分の知っている知識のうち、相手に役立ちそうなことがあったらどんどん教えてあげます。人に教えてあげることで、悩んでいた事が自然に解決するなど、必ず相乗効果がみられます。

目標となる人を見つける

慶應通信で自分より少しでも前に出ている人を見つけたら、その出会いは大きなチャンスなので、何かしらのアクションを起こさなければなりません。

 

私は4年目の夏期スクーリングで、積極的に先生に質問していた方に興味を持ち、その人が他の人と話している間に手紙を渡して、お近づきにならせていただきました。なぜそこまでしたかと言いますと、その人が知的で努力家で、直感で特別なものを感じたからです。その後、家庭教師や英語科目に関する質問はこの方に何でも聞くことができましたので、なにかとお世話になりました。卒論で家庭教師のデータを取っていましたので、私からも彼にアドバイスをすることもできました。

 

このように「この分野はこの人」と分野ごとに頼れる仲間を持つと、とても心強いです。また目標は必ずしも、会った人だけには限りません。

 

私はある日、三田図書館で文献を探していた際、1冊の本と出会いました。その名前は「通信教育日記」。

 

平成元年頃に慶應義塾の通信教育で卒業された方が執筆したエッセイであり、私が知る限り唯一の慶應通信に関する書籍です。そこには筆者が20年前に体験したレポートの苦悩がリアルにつづられていました。

 

その中で私が卒業までに何度も見たページがあります。筆者宅に郵送された卒業通知の画像が載せられたページでした。そこには「卒業」の文字と、事務局からの簡易ではあったのですが「激励」の言葉がありました。それを見たとき、自分もこの手紙がほしい、卒業したいと強く思ったのでした。時代は違えど、学問をする人間の情熱は変わりません。自らを鼓舞するために何度も再読させていただいた大切な出会いでした。

 

このように出会いによって運命は開けます。しかしながら、その出会いに運命を感じられるかどうかは、その人の努力次第です。

 

だから、もし当サイトに運命を感じたらこれを絶対に逃したらいけません。あなただけにサイトにも載せていない情報を教えますので、こちらからメルマガ登録してください。

 

卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

現代に残されたアメリカン・ドリーム
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
慶應通信で失敗する人の思考
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
入学したばかりの人が陥る失敗
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートの再提出がめんどくさいと思う人へ
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
授業は勉強ではない
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶應通信としてのアイデンティティの保ち方
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
再提出の際のマインドセット
正しいマインドセットを持つことから始まります。
科目試験は毎回受けることが大切
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
知識ゼロから成功するためのたった1つの方法
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録