サスペンスドラマ

長期の学習にはきちんとしたマインドセットが必要。レポート、科目試験に対する姿勢とは。

慶應通信という特殊な環境にいると、いかにアイデンティティを保つかが、重要になります。

 

外部の人は、慶應通信のことを理解していません。そのため、好き勝手なことを言います。

 

これに関して、私の思い出話を話します。

 

・慶應って言ってたけど、通信なんでしょ

 

私は人に自分の大学を言うとき、絶対に「通信」とまでは言いません。不当に低評価され、損しかないことを知っているからです。

 

ただ、勘違いしてほしくないのですが、私自身は慶通生の事を最大限リスぺクストしています。自分が普通の慶應を出たのではなく、慶應通信を出たという事に誇りを持っていますし、この環境には感謝の気持ちしかありません。

 

そんな私はかつて、「慶應の通信に通っています」と自己紹介していました。そのたびに必ず、「高校も通信だったの?」「なんか家庭に問題があったの?」といった意味不明の同情をされてきました。

 

なかでも最もインパクトがあったのは、「慶應って言っていたけど、通信なんでしょ」というものです。

 

皆さんになら、その時の私の気持ちを察していただけると思いますが、ここまで言われて卒業しないわけにはいきません。

 

・「他の事と両立できる」はきれいごと

 

慶應通信は、お金と時間を大幅に節約し、仕事をしながら慶應卒になれるという事を売りにしています。実際には、これはきれいごとであり、まるで現実味のない、無責任な言葉です。

 

確かに私は、普通の慶應生と比べ、受験勉強は皆無ですし、通学や講義にかける無駄な時間も全てカットし、それでいてお金も10分の1程度しかけていません。それなのに、就活や職場においては、慶應卒としての社会的評価を一身に受けてきました。

 

ただ、こういったサクセスストーリーを自分に置き換え、すべて真に受けるのは危険です。

 

昔、私の家庭教師の生徒さんに不登校児がいました。当時中学生のその生徒さんは、やがて私の授業にも部屋から出てこなくなりました。その後しばらくして辞めたのですが、人のつてで定時制高校に行くことになったと聞きました。

 

その時に、生徒さんのお母さんは、次のように言っていたそうです。

 

「その学校からもちゃんと専門学校に行っている人もいる」

 

通常、定時制という選択を取ったら、1年以内に退学します。その対比として、ちゃんとやっている人を挙げ、自分の不安を払拭したいのだろうと思いますが、こういった思考は危険です。

 

なぜなら、それは全く違う人間のなせる業だからです。

 

頑張った人が結果を出すのは当たり前です。定時制だろうが、慶應通信だろうが、どこにいたって上位数%の人は別格です。そういった特殊な一部分だけを見て、不安を払拭するネタを探すだけの人には、理想とする未来など決して訪れません。

 

・慶應卒として遜色ない実力をつける

 

慶應通信に話を戻します。

 

入学して間もない慶通生は、よく次の疑問を持ちます。「慶應通信を卒業するときには、きちんとした慶應卒の実力が付くのか」というものです。

 

しかし、まだ何も知らないうちから、そんなことを心配する必要はありません。実際に、卒論期は意識が無くなりそうになるまで勉強する必要があるので、そこまでやって慶應卒の実力が付かないことはあり得ません。

 

・あなたは未来の慶應卒である

 

このようなわけで、慶應通信出身の慶應卒の人に中身の伴わない人は1人もいません。卒業している人は、みな相当に頑張った人です。

 

それにもかかわらず、こういった疑心暗鬼が生じてしまう理由は決まっています。

 

慶應通信の勉強には、大量のレポートと意味不明のテキストしかないからです。入学して間もない人ほど、これらをこなすことで、本当に賢くなるのか悩みます。

 

ただ安心してください。

 

レポートはそんな簡単に受かりません。そのため、慶應通信を卒業できる頃には、あなたは今のあなたと別の人になっています。

 

それが、未来のあなたです。今回、慶應卒になった未来のあなたをお見せします。

 

・天才としての思考

 

慶應通信を卒業するために勉強の才能は1ミリも必要ありません。どんなに優秀でも、根性の無い人は次々倒れていくからです。

 

慶應通信は、自分の頭と足を使って主体的に取り組まなければ、決して突破できない構造になっています。そういった意味では、レポートは受験勉強より厳しいです。

 

その代わり、受験勉強以上の学びがあります。

 

それを実現する原動力は、上記の不安ではありません。自分を卑下する気持ちでもありません。

 

確固としたアイデンティティです。その上で、次の気持ちを取り入れてください。

 

「めんどくさいという感情は捨てる!」

 

もしあなたの心の中心に、この言葉があれば、あなたは絶対に卒業できます。つまりこの言葉の先に、あなたの理想とする未来があるので、安心して努力してほしいと思います。

関連ページ

慶應通信で失敗する人の思考
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートの再提出がめんどくさいと思う人へ
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
良い仲間を作る意義
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
この環境には雑音がいっぱい
正しいマインドセットを持つことから始まります。
再提出のマインドセット
正しいマインドセットを持つことから始まります。
科目試験は毎回受けることが大切
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
科目試験のマインドセット
正しいマインドセットを持つことから始まります。
知識ゼロから卒業するためのたった1つの方法
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
絶対に成功する方法
正しいマインドセットを持つことから始まります。
最初の一歩ですべてが決まる
正しいマインドセットを持つことから始まります。
比べる対象は去年の自分
正しいマインドセットを持つことから始まります。
出会った瞬間に分かる運命の出会い
正しいマインドセットを持つことから始まります。
当サイトを最大限生かす方法
正しいマインドセットを持つことから始まります。
成功するには自分の頭は使わない
正しいマインドセットを持つことから始まります。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録