サスペンスドラマ

科目試験は毎回受けることが大切

努力を続けることの難しさ

入学後の最初の大きな目標は、何と言っても「卒論ノート」をもらうことです。卒論ノートは卒論指導登録が済んだ人だけもらえるので、その条件を満たすために科目試験に毎回出席することが欠かせません。このとき、何科目受けるか、きちんと合格できるかに留意してしまいがちですが、重要なことはまず「行く」ということです。

 

したがって慶通生がまず目標とすべきことは、科目試験にきちんと出席することと言えます。

 

「出席が目標!」と言うと、とても意識が低いように感じますが、そんなことはありません。なぜなら多くの人はこれができていないからです。

 

実際のところ、科目試験に毎回出席するというのは簡単なことではありません。これを達成するには、レポート締切ごとにレポートを提出すること、休日を利用して勉強を継続していること、つまり日ごろから慶應通信のことを考え、行動できる人でないと毎回の科目試験に出席できないのです。

 

また科目試験では、大勢の慶通生が集まるため多くの刺激を受けることができます。数か月分の努力の達成感や準備不足を痛感する唯一の機会なので、参加するだけで気持ちに区切りをつけることができます。

 

だから科目試験を受けなくなると、慶應通信がなんだか人ごとに感じるようになります。最後に行った科目試験からまるで時間が止まったかのように、次第に思い出に変わっていきます。こうして本当の思い出に変えてしまう人があとを絶ちません。

 

このようなわけで、科目試験は出席すること自体に価値があります。たとえ一科目であっても会場に「いる」のと「いない」のでは大違いであり、「いない」ことによる損害は計り知れません。

 

そしてさらに重要なことは、試験会場での後悔を積もらせない限り、自己改革は不可能であるという事です。人は1回後悔したくらいでは何も変わりません。私の場合、科目試験の度に「次こそはハガキいっぱいに受験してやろう!」という気持ちになっていました。それを何度も何度も積み重ねたことで、ようやく爆発したのです。

最初から数字を求めず、まず一歩だけ進むことを考える

かつて私にはレポートのストックのみ受験しに行っていた、とてもレベルの低い時期がありました。毎回1科目受験だったので、問題を読んでわからなければ、そこで試験終了です。その間10秒。たった10秒の間で、3ヶ月間の「無」が決まってしまうのです。

 

これではいくらなんでもマズい、誰もがそう感じるはずです。もちろん、後悔があって次の科目試験からバリバリ提出するなどできません。しかしこのような経験を1年、2年と重ねることによって、次第に行動が変わっていきます。

 

ところが、科目試験に行かなければ後悔すらありません。特別な理由があるなら別ですが、毎回科目試験に行かなければ慶應通信に参加していることにはなりません。

 

そのため、まずは1科目でもレポートを締め切りに合わせて仕上げる必要があります。何度も言いますが、受かるかどうかは気にしないでいいのです。これまでまったくやってこなかった人は、取りあえず「出す」ということから始める他ありません。がんばってください。

 

そのための方法はすべてこちらで講義しています。

 

卒業できるレポートのノウハウを手に入れる

関連ページ

現代に残されたアメリカン・ドリーム
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
慶應通信で失敗する人の思考
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
入学したばかりの人が陥る失敗
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートの再提出がめんどくさいと思う人へ
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
授業は勉強ではない
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
良い仲間を作る意義
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶應通信としてのアイデンティティの保ち方
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
再提出の際のマインドセット
正しいマインドセットを持つことから始まります。
知識ゼロから成功するためのたった1つの方法
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録