サスペンスドラマ

モチベーションの話

マインドセット(心構え)ができたら、次はモチベーション(やる気)の向上について考えます。一度設定してしまえば本質的には消えないマインドセットと違って、モチベーションはとても不安定です。慶通生は常にこの不安定な気持ちと戦わなければなりません。

 

私の卒業までの6年間を概観します。

 

・何をやったらよいか分からず、ほとんど何もやらなかった最初の2年間

 

・積もり積もった不安が一気に爆発した次の2年間

 

・卒業が現実的になり一心不乱に進んだ最後の2年間

 

何を基準に区切ったかといいますと、モチベーションの変化です。そこで慶應通信で成功するために重要な意識の変化を紹介します。

 

入学式に叩き込まれる先入観

私は慶應通信を「不可能への挑戦」と感じていた時期がとても長かったです。実際にはまったく不可能ではないのですが、どうしてこのように感じてしまったのか。その答えは「入学式」にあります。次の言葉は今でも鮮明に覚えている祝辞です。

 

「皆さんは勉強を頑張ってこの場にいるのではありません。なので私はあえて入学おめでとうは言いません。入学おめでとうの代わりにあなたたちが卒業するとき、心から卒業おめでとうと言ってあげたいと思います。」

 

「慶應通信の卒業率は5%ほどしかないため、大変厳しい世界です。あなたがもしも卒業できたなら、そのときには今とまったく違う人間になっているでしょう。」

 

「卒業論文を完成させるのには最低でも2年かかります。そのため実際に4年で卒業することはかなり難しいのです。」

 

私にとってこの入学式は、慶應通信の卒業の難しさを感じるには十分のものでした。帰り際に慶友会から「通信は孤独だから一緒に頑張りましょう!」と勧誘されたのもまるで入学式の続きを見ているようでした。こうして不安だけを胸に私の大学生は始まったのでした。

 

「もしかして、通信て穴場?楽勝?」というビギナーズラック

なんでもそうですが、ハードルを高く設定しておくと、困難なことでもそれほど難しく感じないように感じます。卒業への道が険しいという話をしつこいくらいに聞かされた直後だからこそ、意外と簡単に単位が取れてしまうことがあるのです。

 

多くの場合、最初に取る単位は7月試験か、夏期スクーリングになります。よくあるパターンとしては、「英語T」や「英語U」を最初に手掛けますが、この科目は中学〜高校初級レベルの実力さえあれば受かります。スクーリングに至っては、何を受けても落ちる方が難しいです。こうして最初に書いたレポートやスクーリングが難なく受かると、入学当初から抱いていた不安は消え去ってしまいます。

 

しかし言っておきます。これはビギナーズラックのようなもので、長くは続きません。しかも一度気が緩んでしまうと、高い壁を乗り越えるのはより大変になります。実際に私はこの罠にはまり、1年目の取得単位は20単位にも満たず、このペースだと4年卒業は無理だということが確定してしまいました。

 

底辺まで落ちた科目試験

私の中で最悪の科目試験があります。遅刻して入室し、一番最初に退室しました。もちろん解答は白紙、入室時間はわずか15分です。しかもその科目しか試験がなかったので、私は3ヶ月に1度のチャンスをたった15分で潰してしまったことになります。

 

またテスト対策のやり方も相当杜撰なものでした。行きの電車でテキストを読むだけです。ここまでいい加減ではないにしても、科目試験対策を怠っている人は多いです。私の場合、試験やスクーリングのたびに「次の科目試験こそ受験票いっぱいに受験科目を載せよう」と決意するものの、テストから解放されるとすぐに忘れ、期限に迫られて1個だけ提出するという生活を続けていました。

 

この科目試験によって3ヶ月に一度しかない単位取得のチャンスをつぶし続けている自分自身に呆れ、科目試験という壁を越えられないでいることに気が付きました。完全にセルフイノベーションの必要性を感じたのでした。

 

卒業への基本精神の設定

自分の内面を探ると、「できればあんまり頑張りたくない」、「できるだけ少ない努力で卒業したい」という正直な気持ちがありました。入学当初の危機感は、ただの堕落に変わっていた事に気付きました。

 

慶應通信ではこのような意識でいると終わります。頭も足も使わず、横着することばかり考えていたら100%の実力など出せるわけがありません。だから何度も落ちるのです。そこで私は、「めんどくさいという気持ちは捨てる!」というマインドセットを設定しました。それによってすべての行動が変わったので、これは通信生に絶対必要なマインドセットだと言えます。

 

チャンスをチャンスと気づけ

こうして少しずつですがレポートを書き始め、3年目の科目試験でようやく3科目受けることができました。結果は全部合格だったので、1日で6単位が取れました。ちなみに、このときは計画的にレポートを出したわけではなく、前回の不合格科目と合わせてたまたま3科目試験になったというだけでした。

 

そしてそれがすべて受かった。誰にでも一度くらいこの位のラッキーはあります。しかし、これを単なるラッキーと思うか、未来へのチャンスと感じるかの違いは大きいです。私の場合、この合格は自分は卒業できるというメッセージだと感じました。そして、このように思えたことが現状打破のきっかけになったことは間違いありません。

 

チャンスを増やせ

3年目までの自分を振り返った時、夏期スクーリングが単位の収入源でした。しかしスクーリングの上限の12単位という数字は、理論上一回の試験で取ることが可能です。それを考えたとき、とにかく単位を取るチャンスを増やすことが何より重要だと感じました。

 

例えば、毎回の科目試験で6科目受かる人は、年に何度もスクーリングがあるのと同じです。反対に1科目しか受けなかったら、その試験問題が分からなければ終わりです。このように科目試験をたくさん受ければ、単位をとれる確率が上がります。そして、そのうちの半分受かるだけでも単位的には大きな収穫です。

 

実際に2単位×6科目を毎回受けていくのと、1科目だけで細々とやっていくのでは、1年後に大きな差がつきます。何より大切なことは、複数科目のレポートを提出し、その分だけたくさん試験を受けるという経験を積むことです。

 

そこで私は戦略的に試験科目を決め、計画通りにレポートを仕上げることに注力しました。以下がその当時の私の目標です。

 

 

・科目試験では5科目以上、10単位以上

 

1回の試験の目標を10単位取得することに設定しました。2単位科目を5科目取れば達成できます。そのためにまずは、日程的に科目が重ならないようにレポート課題を決めました。少しだけシステム的な話をすると、科目には群というものがあり、同じ群に属している科目は同時に行います。そのため、同じ群の科目をいくつ出していても、一回の試験で一つしか受けられません。

 

そこで群とレポート課題をチェックして、候補となる科目を絞ります。その後で、科目試験の過去問を見て、履修科目を決めました。これは、レポートと科目試験の総合の難易度で科目を選んでいくという大切なテクニックです。経験から言えることですが、レポート課題が少々難しくても、科目試験が簡単そうな科目を選んだほうが良いです。なぜならレポートは正しい書き方を抑える事ができれば、絶対受かるからです。

 

反対に科目試験が難しいと困ります。科目試験は1発勝負なので、分からない問題が出たらどうしようもなく、即退出以外ないわけです。そのため普段から、科目試験が簡単そうな科目に目を付けておきましょう。その最たるものが「テキスト持ち込み可」の科目です。こういった科目は、テキストを正しく書き写せば、まず落ちることはありません。受けられるものは、全部受けることをお勧めします。

 

 

・レポートこそ卒業へのカギであることを理解する

 

3・4年目は、レポートの書き方を真剣に学び、基本に忠実なレポートを意識した時期です。すべて一から学び直す必要があると感じ、またそれが最短距離であることを確信したのです。その結果、レポートの構成が変わり、レポート課題で教授が求めていることを盛り込めるようになりました。

 

レポートを一言で言うと、「根拠を持った者どおしの対話」となります。そのため、テーマと問いを的確に設定し、読み手に提示します。そのため、当時の私が後輩によくアドバイスしていたことは、誤解を恐れずに言えば、「レポート課題を変えてしまおう」でした。

 

レポート課題集にある課題は、あくまで学習する範囲や単元などの外枠にすぎません。そのような広い範囲から、たった4000文字程度ですべて網羅など不可能です。当然教授はそんなことを要求しません。そこで大切になることは、課題を絞りテーマを明確にすることです。

 

レポートとは、自分が論じていくテーマについて自分なりのアプローチ方法をアピールする場だと捉えてください。ただし客観性を失ってはいけないので、意識するのは対話形式ということです。その際私がよく使った手として、テキスト批判という勉強法があります。これは、「自分が発した問いに対して、研究者たちはこう考えると思われる。しかしこうは考えられないだろうか・・・」と議論を深めていくという方法です。

 

このような勉強によって、不合格だったレポートがどんどん合格していきました。このようなコツを完全に掴んだ後、レポートで落とされたことは一度もありません。

関連ページ

現代に残されたアメリカン・ドリーム
慶應義塾大学通信教育課程の卒業生が、自身のレポートを公開しながら、卒業するノウハウを全公開したポータルサイトです。レポートの書き方は全国共通なため、慶應通信だけでなく、すべての通信教育課程の方を卒業へと導きます。
慶應通信で失敗する人の思考
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
レポートの再提出がめんどくさいと思う人へ
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
授業は勉強ではない
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
良い仲間を作る意義
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
慶應通信としてのアイデンティティの保ち方
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
再提出の際のマインドセット
正しいマインドセットを持つことから始まります。
科目試験は毎回受けることが大切
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。
知識ゼロから成功するためのたった1つの方法
慶應通信の卒業生が教える、レポートの書き方に特化したポータルサイトです。 実際に私が書いたレポートを見せながら、受かるレポートの書き方をすべて教えます。

HOME レポートのノウハウ 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録