サスペンスドラマ

慶應通信のレポートは課題によって、説明型と論述型に分けられる。その見極め方とは。

レポートは2種類ある

慶應通信には、科目の数だけレポート課題があります。

 

配布されたテキストやレポート課題集を見ると、その量の多さに圧倒されそうになります。
しかし当然ですが、自分が手掛けるのは、このうちのホンの一部です。

 

卒業までに、卒論やスクーリングを除いて約80単位分のレポートを書くことになりますので、

 

1科目2単位だとすると、
80÷2=40

 

単純計算で、40個レポートを書くことになります。

 

それは40個のレポート課題と格闘することを意味します。
しかしこのレポート課題、一口にレポート課題と言っても、大きく2種類に分けられます。

 

これらのレポートでは、書き方も異なります。
そのため、両者を見分け、論じ方を変化させないといけません。

 

見極めは簡単にできます。
それらは、大学によって意図的に設置されており、多くの場合、一般教育科目か専門教育科目かで分けられています。

 

ここでまず、レポート課題が2種類あるという事、そして、難易度の低い一般教育科目から始めたほうが良いという事を覚えておいてください。

課題の語尾に注目する

慶應通信のレポートは、2つのタイプに分けることができます。
これらは、実際に書いてみると内容も難易度も異なります。

 

そして、この違いはどこから来るものなのかを考えると、両者の判別する基準が浮かび上がります。

 

それは、レポート課題の末尾です。

 

課題の末尾には、「指示内容」が載っているのですので、ここに注目することで、判別基準が明らかになります。
そこで、レポート課題の末尾に注目すると、以下のようなパターンに分けられます。

 

説明しなさい

 

論じなさい

 

考察を加えてください

 

まとめなさい

 

普段、何の気なしに読み飛ばしているかもしれないこれらの指示ですが、今回少し立ち止まって考えてみてほしいです。
このなかに、1つだけ異質な指示があるのですが、それはなんでしょうか。

 

正解は、「説明しなさい。」です。

 

 

例えば、「考察を加えなさい」というのは、基本的なテキストの内容をまとめたうえで、自分なりの所見を述べます。「論じなさい」や「まとめなさい」もほとんど同じです。
つまり、これらの指示は、自分なりの視点をもって、テキストの内容を論述する必要があります。

 

しかし、「説明しなさい」と言われた場合、その必要がありません。
「説明」という言葉の通り、文献に載っている内容を、自分の言葉に直して「説明」するだけでよいのです。そのこと自体が課題の要件なので、他のレポートと違って、「議論」をする必要がありません。

レポートのタイプ分け

「論じなさい」「考察を加えてください」「まとめなさい」という指示の下では、「自分なりの考察」が必ず必要になり、「説明しなさい」という指示では、テキストや文献の内容を正しく書くことが課題となります。

 

このように課題によって、レポートの構成が変わってきます。
そこで、レポート課題によって、レポートをタイプ分けしてみます。

 

「説明型」のレポート

 

「〜を説明しなさい。」という課題のレポートです。説明のみで構成されるので、自分なりの考察はほとんどの場合いりません。
一般教育科目に多く存在するので、難易度は低いです。

 

例えば、次のような課題では、

 

経済政策の効果についてIS曲線およびLM曲線の概念を用いて説明せよ

 

「経済政策の効果」について説明することがレポートの要件です。その際、図や表が必要になりますが、これらも説明の補助として用いるのであって、自分の意見を述べる必要はありません。(つまり、議論する必要がありません。)

 

 

「論述型」のレポート

 

「〜を論じなさい。」「〜に考察を加えなさい。」という課題のレポートです。説明と考察で構成され、特に考察の部分が合否を分かつカギになります。専門科目に多く存在し、難易度は高いです。

 

次の課題を見てください。

 

「テキストから漢数字で区切られている一節を選び、その内容を簡潔にまとめた上で、以下のどちらかの考察を行ってください。
1.テキストの主張内容について批判的に吟味する。
2.テキストの主張内容を踏まえた上で、レポート筆者が関心を持っている今日的な問題について論じる。」

 

この課題のように、自分でテーマを設定し、それについて説明したあと、その事実に対して考察を加える必要があります。

 

 

両者の構成の違いを簡単にまとめると、

 

説明型レポート=説明 ONLY

 

論述型レポート=説明+考察

 

という違いがあり、説明型レポートは、考察の部分を省ける分、易しいというわけです。

 

そして、もう一つ重要なことを教えます。

 

なぜ、説明型は総合教育科目に多く、論述型は専門科目に多いのかという事です。

 

大学教育の1・2年生は基礎を身につける意味合いを持っています。そのため、どの学部の生徒も共通して、総合教育科目を勉強します。その後先行する分野に従って、ゼミに入り、卒論を書いて卒業するというカリキュラムとなっています。

 

この課程を慶應通信に適用すると、最初の2年間で総合教育科目を勉強することでレポートにも慣れてもらい、慶應通信の基礎を身につけてもらいます。そして、最後の2年間で専門科目に移行したら、論述型レポートを書くことで、本格的に学問をするというカリキュラムになっているということになります。

 

したがって、総合教育科目と専門科目を区別せずに受講している人は、上記のカリキュラムを壊し、わざわざ難しい方法で取り組んでいるわけです。当然ですがレポートの勉強は、「説明型→論述型」の順序で取り組んだ方が効率的なので、まずは説明型レポートに取り組みましょう。

 

無料メルマガによる講義を行っていますので、こちらも利用して、レポートの書き方を学んでください。登録はこちらから。

関連ページ

レポートで学問しないで、どこでする
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。
時間がない人のための、慶通特徴まとめ
慶應通信で十分通用するレポートの書き方を教えます。

HOME レポートの書き方 卒業のノウハウ 指導実績 メルマガ登録